音楽とお酒が融合したイベント<Hennessy artistry>で、700人が酔いしれる

ツイート

▲ハー・スペース・ホリデイ
▲キャロライン
▲ELI WALKS
▲LEO IMAI
▲サイケアウツ・ゴースト
Hennessyがアーティストをサポートすべく立ち上げたミュージック・プロジェクト<Hennessy artistry>イベントが、4月23日(金)に代官山UNITにて開催された。

◆<Hennessy artistry>イベント画像

海外からはハー・スペース・ホリデイが約3年振りに来日し、スペシャルライブを披露。4ボンジュールズ・パーティーズをバックバンドに迎え、総勢7名でアルバム『The New Kid Revival』の楽曲を中心に、代表曲「My Girlfriend's Boyfriend」を含む9曲を熱唱、ポップかつエモーショナルなライブパフォーマンスでオーディエンスを湧かせた。

Temporary Residenceの歌姫キャロラインも一夜限りのスペシャルバンドを引っさげてのステージを披露。この夜トップバッターを務めた現在注目を浴びるラップトップアーティストELI WALKSがビートを担当し、カナダ出身のギタリストのrOry、そして歌手のOLIVIAもキーボードとコーラスのサポートに迎えての超豪華メンバー。ヒットシングル「Where's My Love」をはじめ、日本盤のボーナストラックとなった名曲「Time Swells」、また世界初お披露目の新曲「Waltz」「Swimmer」の2曲を含む6曲を熱唱し、透き通る天使の歌声で観客を魅了した。

国内からは、LEO IMAI SOLO UNIONが参加。「Karaoke」から軽快に始まり、「Synchronize」「Tokyo Lights 2」を含む8曲を披露し、観衆を踊らせた。LEO IMAI SOLO UNIONの「ヘネシー、ヘネシー、ヘネシー!」のかけ声にオーディエンスも応え、音楽とお酒が融合した素晴らしい空間を演出した。

そして、その場でビートを作るライブパフォーマンスに観客を釘付けにしたELI WALKS、大阪からこの夜のために駆けつけフロアをロックしたROMZの巨匠サイケアウツ・ゴースト、そしてクラブシーンで大活躍中のエクシーも未体験のサウンドでフロアを盛り上げた。

UNITに集結した700名を超えるオーディエンスは、個性的なアーティストのミクスチャーとHennessyのその夜提案していた4種類のヘネシーミキサーを堪能し、音楽とお酒に酔いしれた一夜となった。

また、Hennessy artistryによる様々なアーティストを迎えて行なうという音楽セッションがオフィシャルサイトでオープン、第一弾としてプラシーボによるシークレット・セッションが公開となっている。都内某所で行なわれた貴重なプライベートセッションを、チェックあれ。

◆Hennessy artistryオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報