amazarashi、遂にメジャーから物騒な「爆弾の作り方」を発表

twitterツイート
青森県むつ市在住、不気味なてるてる坊主のイラスト、そして聴く者の胸に突き刺さるメッセージで話題のamazarashiが、メジャーレーベルへ移籍することを発表。2月にEP「0.6」をリリースしたばかりで、耳の早いリスナーにその強烈な世界描写を打ち出したamazarashiだが、6月9日に、ソニーミュージック アソシエイテッドレコーズより、EP「爆弾の作り方」をリリースする。

タイトルが強烈だ。「爆弾の作り方」。腹腹時計を連想する人はいまいと思うが、なんとも物騒でインパクト強すぎ。収録は、現代の社会問題を、幼少期の思い出に置き換えたメッセージ性の強い楽曲「夏を待っていました」、希望と挫折のストーリーを描いた「無題」をリード曲に6曲構成になっている。またインディーズ盤同様に、楽曲タイトルに付随した詩集が封入される。

4月28日からオフィシャルmyspaceにて、EP「爆弾の作り方」に収録予定楽曲の「夏を待っていました」「無題」「爆弾の作り方」の3曲の試聴をスタートさせているので、このタイトルにピンと来た人は、ぜひ楽曲を聴いてみてほしい。

「爆弾の作り方」
AICL-2128 \1,529(tax in)
1.夏を待っていました
2.無題
3.爆弾の作り方
4.夏、消息不明
5.隅田川
6.カルマ

◆amazarashi オフィシャルサイト
◆amazarashiオフィシャルmyspace
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス