ポイズンのブレット、回復の兆し

ツイート
脳出血により集中治療室で看護を受けているポイズンのフロントマン、ブレット・マイケルズが、ゆっくりではあるが回復に向かいつつあるという。

オフィシャル・サイト(Breatmichaels.com)によると、検査の結果、ナトリウムの欠乏が見られ、それが発作を引き起こす可能性があるが“元気になってきた”という。「脳のまわりにあった血液が消滅し組織に吸収されたため、医師は、ブレットは徐々に回復するだろうとの希望を持っています」

「数週間、数ヶ月におよぶ苦痛をともなうかもしれない」が、すでに意識を取り戻しており、回復へ一歩踏み出した。

ブレットは2009年6月、トニー・アワーズにてパフォーマンス中、舞台装置が直撃し転倒、鼻を骨折したことがあるが、これが脳出血の原因ではないかとも推測されている。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報