中川あゆみ、「歌を聴いてくれたことが最高のプレゼント」

ツイート
連休最終日の5月5日。この日、「事実~12歳で私が決めたコト~」でデビューした中川あゆみが、ラゾーナ川崎でデビュー記念イベントを行なった。イベントでは、その歌声をすでに聴いていたファンや、会場に訪れていた買い物客など集まった多くの人を前にして歌声を披露。さらに「母の日」に先駆けて、先着400名にカーネーションを無料配布した。

◆中川あゆみ 画像@2010.05.05 ラゾーナ川崎<デビュー記念イベント>

ステージに呼び込まれた中川あゆみは、「よろしくお願いします。ついにこの日がきて、皆さんに歌をお届けできるのが本当に幸せです。」と、挨拶。マイクを向けられて見せる表情はどこにでもいそうな14歳(5月4日が彼女の誕生日だった)の女の子だが、ギターを持つとその表情は一変し、サポートのギタリストと、ギター2本でデビュー曲「事実~12歳で私が決めたコト~」とシングルのカップリング曲「似顔絵」を披露。途中、ギターの弦が切れるというアクシデントもあったが、9歳(小学校3年生)の頃からストリートライヴを行なってきたという彼女だけに、その経験を持ってすればトラブルも関係なく、その言葉ひとつひとつに魂を込めて歌い上げた。

6歳の頃、あゆみの両親は離婚した。「また会いに来るから」と言ったきり姿を見せない父。「私には私の、あゆみにはあゆみの人生があるのよ」と捨て台詞を吐いた母。結果、両親はあゆみの親権を放棄。あゆみは祖母・登志子さんの養女となる。そんな彼女がよりどころとしたのは、歌。登志子さんのお店で歌を披露すると「いちごポッキー」をもらえた、という理由でギターと歌をスタート。10歳からは3年連続で、<キラットエンタメチャレンジ avexキッズコンテスト>を受け、決勝大会に進出する。そして受賞まではならなかったが、関係者の目に留まったことで今日に至っている。

なお、デビューに向けた話し合いの中で、中川あゆみが自分の歌いたい歌について「妄想や幻想、願望ばかりを歌っても伝わらないと思ったので、今の自分の心境。その心境に至ったのは自分の今までの人生。自分に起きた『事実』と、自分の決意を歌っていきたい」と話したことから、彼女の“事実だけを歌う”をいうコンセプトが決定したという。

ちょうど100回目のストリートライヴがメジャーデビュー日と重なった中川あゆみは、ライヴを終えて「皆さんに歌を届けられることが本当に幸せです。」と、一言。カーネーションを無料配布したことについては、「母の日が近いんで、私に何かできることを…と考えて、カーネーションを配ろうと思いました。」と話し、取材陣から「でも(今日は「こどもの日」なので)、本当はもらうほうでは?」と、問われると、「私は、皆さんが歌を聴いてくれたことが最高のプレゼントです。これ以上のものはないです。」と、感謝の気持ちを述べた。また、事実を歌っていくということで、「今後はラブソングとかも?」と、訊かれると、「まだ先のことはわからないです。」と、笑顔を覗かせながらも、次に歌いたいのは、いろんな人に支えられてきたことに対する感謝の気持ち、とのこと。

これまで「こどもの日」に対して楽しい思い出は特になかったと話す中川あゆみ。彼女はきっとこれから先、この5月5日を素敵な記念日へと変えていくことだろう。<生まれた後は全部私の責任でしょう / だから私はあゆみを幸せにするよ>と歌う、その自らの歌声で。


◆中川あゆみ「事実~12歳で私が決めたコト~」ミュージックビデオ(Short ver.)
◆中川あゆみ「事実~12歳で私が決めたコト~」CD情報
◆中川あゆみ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス