LOUDNESS、新ドラマーを迎え会心のニューアルバム完成

ツイート

オリジナル・メンバーであり、超絶テクニックを誇ったドラマー、樋口宗孝氏が2008年11月に亡くなって早1年半。その悲しみを乗り越えたLOUDNESSが、新ドラマーとして鈴木“アンパン”政行を正式メンバーに迎えレコーディングされたニューアルバム、『KING OF PAIN 因果応報』を5月19日にリリースすることとなった。

◆LOUDNESS画像

一時期、多彩なジャンルへの影響も垣間見せていたLOUDNESSであったが、今作はかつてのパワフルでアグレッシヴなサウンドが炸裂する、これぞLOUDNESS!という傑作。

「いつもより時間がかかったけれど、素晴らしい歌が録音できた!!とてもスピーディーなメタル魂まっしぐらな曲から、キャッチーな曲までラウドネス節満載のアルバムになりました」。ボーカル二井原実がブログで語るように、ファンが一番聴きたかったであろうLOUDNESSサウンドに埋め尽くされた1枚だ。

尚、アルバム発売後の6月末からは全国ツアー<CLASSIC LOUDNESS WORLD TOUR LIGHTNING STRIKES 2010 IN JAPAN>が実施される。『LIGHTNING STRIKES』(全米64位!)を含む初期6枚のアルバムからメンバー自らが選曲したベスト的セットリストによるツアーということで、初期からのファンにもたまらないツアーとなるであろう。しかも今回は、JAPAN TOURの合間に世界ツアーも行なうという。

日程は下記の通り。ニューアルバムと併せて目が離せない。

トレンドウォッチャー
岡本立也

<CLASSIC LOUDNESS WORLD TOUR LIGHTNING STRIKES 2010 IN JAPAN>
2010年6月26日(土)福岡 Zepp Fukuoka
2010年7月1日(木)仙台 Zepp Sendai
2010年7月3日(土)札幌 Zepp Sapporo
2010年7月8日(木)広島 広島CLUB QUATTRO
2010年7月10日(土)名古屋 Zepp Nagoya
2010年7月11日(日)大阪 Zepp Osaka
2010年7月30日(金)東京 Zepp Tokyo

<オランダ、ドイツ、ギリシャの3か国7公演 >
7月16日or17日BYH Festival(ドイツ)
7月18日Zwarte Cross Festival(オランダ)
7月19日Dynamo Club, Eindhoven(オランダ)
7月20日Knust, Hamburg(ドイツ)
7月22日On Stage Club, Athens(ギリシャ)
7月23日Matrix, Bochum(ドイツ)
7月24日Colos-Saal, Aschaffenburg(ドイツ)

『KING OF PAIN 因果応報』
2010年5月19日発売
TKCA-73524 ¥3,200(tax in)
1.REQUIEM
2.THE KING OF PAIN
3.POWER OF DEATH
4.DEATH MACHINE
5.DOODLEBUG
6.Rule the world
7.Straight out of our soul
8.Where am I going?
9.EMMA
10.NARAKA
11.DOCTOR FROM HELL
12.HELL FIRE
13.#666
14.NEVER COMES
この記事をツイート

この記事の関連情報