ギャルママモデルの日菜あこ、息子・彪冴君とともにPV初出演

twitterツイート

有線放送の「4月度(4月1日~4月30日)問い合わせランキング」にて3位を獲得し、地元・浜松で話題沸騰中のJam9が、6月23日にメジャーデビューシングル「家族」をリリース。同曲のミュージックビデオには、ギャルママ雑誌『I LOVE mama』専属モデルの日菜あこと、彼女の息子であり、同じくモデルを務める彪冴(ひゅうが)君が出演している。日菜あこ親子がミュージックビデオに出演するのは、今回が初となる。

◆Jam9日菜あこ親子出演の「家族」ミュージックビデオ、Jam9のアーティスト画像

子から親への感謝の気持ちを描きつつも、これまで迷惑をかけたすべての人へ感謝を込めているという、今回の「家族」。ミュージックビデオでは、息子との楽しい日々を送りながらも、親に対する今だからこそ言える素直な気持ち、それを伝える時の若干の“気恥ずかしさ”のようなものを、日菜あこが好演している。

「自分が親になるまで気がつかなかった事があって、親になってみてこんなに大切に育てられてたんだなと、Jam9さんの曲を聞いて改めて考えさせられました。Jam9さん大好き!!」── 日菜あこ

「自分達は、そんなにできのいい人間じゃないから、周りの人達に迷惑をかけながら今まで歩んできました。『家族』という曲は、子から親への感謝を描いた曲ですが、そういう意味の感謝だけでなく、この曲を通して今まで自分たちが迷惑をかけた人達すべてに感謝を伝えたいと思っています。特に、あえて苦言を呈してくれた人達には“憎まれ口”しか言えなかったので、今こそ“ありがとう”って言葉を伝えたいと思っています。」── Jam9

静岡県浜松市在住のJam9は、地元・浜松市を拠点にストリートライヴ中心の活動を続ける3人組ヒップホップユニット。2003年にユニット結成するも、不況の影響で、一時は派遣切りに遭い仕事がなくなり、音楽活動を続ける事が困難な状況に陥る。しかし、ひたむきに頑張り続ける姿が地元のリスナーの心を打ち、2009年にリリースしたアルバム『ROOKIE PLAYERS』収録曲の中から「衝動~believe myself ~」が清水エスパルス・サポートソングに選出。さらに同収録曲「キミの香り」は、100万枚超えのヒットコンピ『アイのうた3』に収録された。

また、2009年12月にはAZUが歌う「YOU & I feat.LOVE LOVE LOVE」にメロディーメイクで参加。先日は静岡県にあるエコパスタジアムにて行なわれた<J1第9節 清水エスパルス×浦和レッズ戦>にて、38,851人の観客の前でエスパルスのファミリーJoinデイズ タイアップ曲『家族』を熱唱するなど精力的に活動を展開する。

なお、メジャーデビューを機に、彼らはユニット名を「Jam-9」から「Jam9」へと変更している。

◆Jam-9 オフィシャルサイト
◆日菜あこ オフィシャルブログ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon