<情熱大陸フェス>、親子/兄弟アーティストも登場

ツイート

葉加瀬太郎がオーガナイザーとなって9年目を迎える<情熱大陸フェス>の第3弾出演者が発表された。

比較的ポップ系アーティストが出演する同フェスに、まずはKREVAが初参戦。通常のターンテーブル・スタイルではなく、生バンドで出場するというから要注目だ。次いで『ダッタン人の踊り』でデビューし、ポップオペラなる新ジャンルを提唱する藤澤ノリマサ、夏の野外イベントには欠かせないオルケスタ・デ・ラ・ルス、さらに中孝介が東阪札の全会場に皆勤出場。

HIP HOP、クラシック、サルサに島唄という異なるジャンルのアーティストが同じイベントに出演するといったところが、情熱大陸フェスの面白さの真骨頂だ。

大阪会場には、2009年にデビューした3ピース・ロックバンドのWEAVER、2回目の出演となる秦基博も参加。複数回組では森山直太朗も出場表明した。

さらに耳慣れないSLUG & SALTなる謎のアーティストも東京大阪に登場する。これは藤井尚之の新ユニットで、メンバーは、屋敷豪太、有賀啓雄、松本圭司とベテラン・ミュージシャンが固める。インストゥルメンタル中心との事だが、現段階で詳細は不明。

ちなみにこのイベントには、既に藤井フミヤと森山良子が出演を発表している。つまり実の兄弟、親子のミュージシャンの同時出演が実現するということだ。森山良子と森山直太朗が同じステージに上がるのは、2005年の紅白以来のこと。そもそも葉加瀬太郎が「家族みんなで遊びに来て欲しい」と始めたフェスだが、出演者までも家族で参加するところが、<情熱大陸フェス>らしいところだ。

すでに8組の出演アーティストが発表され、その豪華さが際立ってきた。公演チケットは3会場とも5月29日(土)より発売となる。

<情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'10>
●第3弾発表出演アーティスト
・KREVA(東京、大阪):初出場
・森山直太朗(東京、大阪):3回目
・中 孝介(東京、大阪、札幌):4回目
・SLUG & SALT[藤井尚之・有賀啓雄・松本圭司・屋敷豪太] (東京、大阪):初出場
・藤澤ノリマサ(東京、大阪):初出場
・オルケスタ・デ・ラ・ルス(東京):初出場
・秦 基博(大阪):2回目
・WEAVER(大阪)初出場
●現在までに発表されている出演アーティスト
・3会場全てに出演:葉加瀬太郎/佐藤竹善/鈴木雅之
・藤井フミヤ(東京&札幌)
・押尾コータロー(東京&大阪)
・森山良子(東京&大阪)
・斉藤和義(東京)
・キマグレン(東京)
大阪:7月31日(土)12:30開演(終演予定19:00)@万博記念公園もみじ川芝生広場
東京:8月07日(土)13:00開演(終演予定20:00)@夢の島公園陸上競技場
札幌:8月21日(土)13:00開演(終演予定18:00)@札幌芸術の森 野外ステージ
◆チケット詳細&購入ページ
◆<情熱大陸>オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス