上海万博のステージが、日本の最先端クラブに変身?

ツイート

5月8日(土)、9日(日)の両日、日本郵政グループの主催で、上海万博の日本産業館ステージにてオープニングスペシャルイベントが開催された。日本伝統芸能と最先端クラブ・シーンの融合は、伝統と革新の化学反応を呼び起こし、大変な盛り上がりを見せた。

◆上海万博「日本産業館」オープニングスペシャルイベント映像

出演は、吉田兄弟、DJ DAISHI DANCE、VJ WADAKEN。日本を代表するDJ DAISHI DANCEとVJ WADAKENによるイベントは、日本においても最も人気のあるクラブイベントのひとつだが、ここで行なわれた世界で活躍する吉田兄弟とのコラボレーションは、伝統的な和の文化と最先端の日本が融合した斬新なもの。約2,000人(2日間)の老若男女が館外まで溢れるほどの盛況ぶりだ。

またこのライブは、日本産業館のテーマ曲でありDAISHI DANCEと吉田兄弟が制作した作品「Re...JAPANESQUE(リ・ジャパネスク)」のお披露目ライブをも兼ねており、イベントのラストにこの曲をパフォーマンス。2日間ともアンコールを求める拍手と声援が沸き起こり、アンコール用の曲を用意していなかったところだが、オーディエンスの声に応えて急遽追加演奏を披露するといううれしいハプニングもあったようだ。このDAISHI DANCE×吉田兄弟による上海万国博日本産業館公式テーマ曲は、日本郵政のサイトにて試聴ができる。

DAISHI DANCE×吉田兄弟
上海万国博日本産業館公式テーマ曲(メインテーマ)
「Re...JAPANESQUE」(「リ・ジャパネスク」)
◆「Re...JAPANESQUE」オフィシャルサイト(試聴)
この記事をツイート

この記事の関連情報