グッチ・メイン、ついに出所

ツイート
昨年の11月より、執行猶予期間中の違反行為で1年間の服役が命じられ、米アトランタのフルトン郡拘置所に収監されていたラッパー、グッチ・メイン(Gucci Mane)。この半年間の刑務所内の行いが模範囚として認められたため刑期が半分に短縮され、ちょうど半年となる昨日、12日の深夜、ついに出所を果たした。グッチ・メインは家族や、ラッパーのショーティ・ロー(Shawty Lo)やワカ・フロッカ・フレイム(Wacka Flocka Flame)などを含む友人たちに暖かく迎えられ、すぐに開催された出所祝いパーティに参加、久しぶりの外の空気を楽しんだ模様。

出所後のコメントでグッチ・メインは、「メジャー・レーベルからファースト・アルバムをリリースしたばかりという、オレのキャリアの中で重要な時期を牢獄で過ごすことになってしまった。このようにして、人生で最も誇らしく思えるであろう瞬間をふいにしてしまったことが、これから二度とこういうことがないようにしようと自分を戒めている。刑務所内で過ごした時間は辛かったが、それによってオレは成長し、今はより強く、より良い人間としてここに立っている。これからはポジテイブな流れを維持するよう心がけるとともに、オレのファンやコミュニティにとっての模範となることに集中したい」と、二度と刑務所には戻らないことを約束。

また今後の展開については、「法律への敬意と感謝という新たな気持ちと、自分自身のキャリアと音楽への強い情熱を胸に過ごす未来を楽しみにしている。この気持ちから既に、未来に向けて前向きな行動を起こしている。新しいレーベル1017 Brick Squad RecordsをAsylum/Warner Bros Recordsの元で立ち上げ、一緒に働くチームのメンバーも一新した」と語り、心機一転、新たなスタートと活躍を誓った。

晴れて出所となったグッチ・メインは、6月6日にNYの人気ラジオ局HOT97局が主催する名物ヒップホップ・フェスティバルSummer Jamへの出演が正式に決定。また、既にセカンドアルバム"The Appeal"のリリースも計画されており、今年の夏の発売を目指しているとのこと。

◆グッチ・メイン Artist Info(bmr.jp)
◆グッチ・メイン Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報