DOUBLE、「赤ちゃんまで癒す究極の歌声」と判明

ツイート

4月14日に発売された『Ballad Collection Mellow』が絶好調のDOUBLE。そのDOUBLEの歌声が、日本における音声研究の第一人者・鈴木松美氏(日本音響研究所 所長/心理学・理学・法学博士)によってはじめて分析され、「母親だけでなく赤ちゃんまで癒すのにとても優れた」歌声だということが分かった。

◆DOUBLEの歌声を分析 - 日本音響研究所 所長・鈴木松美氏


今回分析されたのは、4月にリリースされたDOUBLE初のバラードベスト『Ballad Collection Mellow』に収録された全楽曲のアカペラ音源。

鈴木氏の分析によると、DOUBLEの歌声は「周波数ゆらぎ」と「振幅ゆらぎ」という2つのゆらぎを持っており、さらに周波数ゆらぎに関しては“究極のゆらぎ”と言われている「1/fのゆらぎ」(宇多田ヒカル、松任谷由実、徳永英明などが持つといわれる、人に快適感やヒーリング効果を与えるゆらぎ)もあることが判明した。

また鈴木氏は、人間の耳にとって一番刺激の強い3000~5000ヘルツが非常に強く、腹式発声がよくできているため、300~400人の会場ではマイク無しでも十分通用する声であると評価した。7000~10000ヘルツに強い成分を持っているDOUBLEの歌声は、大人よりも高い周波数に敏感な赤ちゃんが聴いた時に泣き止む効果も期待できるとのこと。そしてそのゆらぎはリスナーの脳へアルファ波(睡眠時、リラックス時に出てくる脳波)を発生させ、妊婦へもリラックス効果がでるため、赤ちゃんにとっても母親にとっても良いという二重効果により、一石二鳥の胎教音楽として非常に良いという。

鈴木氏は分析を終え、「彼女の声は今まで分析してきた中でもピカイチ。非常に優れた声だと思います」と評価。科学的見地からも、“Queen of R&B”の声質の心地よさが実証された。

DOUBLEはこの分析結果を受けて、ゆらぎを生み出す要因のひとつである“ビブラート”をいかに体得していったかをコメント。スペシャルインタビュー内では、ブラック・ボックスやマライア・キャリーの曲を繰り返し練習したエピソードなどを披露している。

◆『Ballad Collection Mellow』ダイジェスト映像
◆DOUBLEスペシャルインタビュー映像

『Ballad Collection Mellow』
[初回限定CD+DVD] FLCF-4325/¥3,000(tax in)
[通常盤CD ONLY] FLCF-4329/¥2,500(tax in)
1.ストレンジャー / 松尾潔プロデュース 新曲 (2010年)
2.Angel / double (2000年)
3.Why Do You Go / Reflex (2007年)
4.Okaeri / Wonderful (2003年)
5.Strange Things / VISION (2002年)
6.Betcha / Wonderful (2003年)
7.You Took My Heart Away / Life is Beautiful (2004年)
8.Sweet Time / Crystal (1999年)
9.Teach Me / double ENG ver. (2001年)
10.This Close / Reflex (2007年)
11.Winter Love Song / Reflex (2007年)
12.Let It Go / Single (2009年)
13.おやすみのキスを~Good Night My Love~ / Single (2009年)
14.残り火-Eternal Bed- / 10 YEARS BEST WE R&B (2008年)
15.For You / 今井了介プロデュース 新曲 (2010年)
16.Through The Fire (1997 March Rec.) / Crystal Planet (1999年)
※初回盤DVD
1.ストレンジャー Video Clip(松尾潔プロデュース 新曲)
2.おやすみのキスを~Good Night My Love~ Video Clip
3.Let It Go Video Clip

●鈴木松美 http://www.onkyo-lab.com/profms.html
専門:音声科学 心理学・理学・法学博士。日本における音響・音声の研究家。日本音響研究所所長。1983年のアキノ暗殺事件では、発砲音の分析から軍関係者の関与を見抜き、フィリピンの法廷で証言。2002年に日本着信メロディ研究所を設立し、バウリンガルを開発した。同年、その業績によりイグノーベル賞受賞。これまでに様々なアーティストの声を分析、多方面でのメディア出演多数。

トレンドウォッチャー
岡本立也

◆DOUBLEオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス