レディー・ガガ、ネットで話題のピアノ少年に電話

twitterツイート
レディー・ガガの「パパラッチ」をピアノで弾き語りしたビデオがネットで話題になっている12歳の少年グレイソン・チャンス・マイケル君が、レディー・ガガ本人から電話をもらった。グレイソン君本人がYouTubeに投稿したビデオは、ペレス・ヒルトンのサイトで取り上げられたのをきっかけに、視聴1,000万回を超えるヒットとなっている。

◆グレイソン・チャンス・マイケル「パパラッチ」映像

グレイソン君は、アメリカのトーク番組『Ellen DeGeneres Show』に出演。そこでガガからサプライズ電話が入った。彼女は大興奮するグレンソン君に「夢を追い続けて、一生懸命やってね。女の子から離れてなさい(笑)。そして集中するのよ!」とアドバイス。彼を「スィートで才能がある」と評価し「“パパラッチ”をカバーしてくれて、ほんとにエキサイティング!」と話した。

ピアノを習い始めて3年というグレイソン君は「パパラッチ」のカヴァーだけでなく、自分で作詩作曲したトラックも公開。かわいらしいルックスも人気に火をつけた。番組にて生演奏された「パパラッチ」は、YouTubeのビデオ以上に腕を上げており、さらにエモーショナルとなったパフォーマンスにオーディエンスから大喝采をあびた。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報