紫、35年の年月を経て感涙の新アルバムをリリース

twitterツイート

1970年代に沖縄より現われ、日本ロック界を震撼させた伝説のロックバンド紫(むらさき)が、なんと35年ぶりに新アルバム『PURPLESSENCE』をリリースし、その存在を高らかに宣言した。

紫は、ジョージ紫、宮永英一(Chibi)、城間正男、城間俊雄、比嘉清正、下地行男の6人で活動をはじめ、1976年に1stアルバム『MURASAKI』で鮮烈にデビュー。同年に2ndアルバム『IMPACT』をリリースし、日本ロック界に衝撃を与えた。彼らが持つ疾走感あふれるリズムセクション、存在感ありまくりのヴォーカル、そしてジョージ紫が操るハモンドオルガンの響きは、ブリティッシュロックの最高峰ディープ・パープルを彷彿させ、その完成度の高さとパワーによって日本のロック・キッズを興奮の渦に巻き込み、一躍ロック界の頂点に上り詰めたバンドだ。

人気絶頂の1978年にジョージ紫、Chibi、清正の3人が脱退、1981年に解散を表明していた。2008年に<Japan Rockband Fes.2008>への参加を皮切りに再活動を本格化させ、2009年には神戸、東京でライヴ、そして今回のアルバム・リリースにつながっていく。

アルバム『PURPLESSENCE』には、「ゲド戦記」などアニメ音楽の巨匠である寺嶋民哉をストリングス・アレンジに起用し、紫ならではのシュアなロック、そしてハモンドサウンドとともに、ストリングスを効果的に配置することによって、壮大で様式美バリバリの音世界を構築している。

時代、世代を超えてなお主張し続けるその生命力。当時を知らないファンの耳にも新鮮に響くはずだ。今後の活動に期待したい。

『PURPLESSENCE』
QIHC-10007 \3,000(tax in)
01.Celestial Purplessence
02.Into The Sun
03.All Our Dreams
04.Why Do You Lie ?
05.I'm On Fire!
06.No Monsters
07.Kaleidoscope of Love
08.Find Your Way
09.58
10.On The Edge

◆紫 オフィシャルサイト
◆紫 レーベルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon