メアリー・J、秋からニーナ・シモン伝記映画の撮影へ

ツイート
昨年末に発表した新作"Stronger with Each Tear"のインターナショナル・バージョン(新装版)を先日発表したばかりのメアリー・J.ブライジ(Mary J Blige)が、前々から噂されていたプロジェクトにいよいよ取りかかるようだ。

以前からメアリーは、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)やアリシア・キーズ(Alicia Keys)など多くの女性アーティストたちに影響を与えたジャズ/ソウルの伝説的なシンガー、ニーナ・シモン(Nina Simone)の伝記映画でニーナ役を演じる予定であることを明らかにしていた。この伝記映画"Nina"は、1992年にニーナが発表した自伝本"I Put A Spell On You"(邦題『ニーナ・シモン自伝―ひとりぼっちの闘い』)を基に、彼女のアシスタントを務めたクリフトン・ヘンダーソン(Clifton Henderson)とニーナとの関係に焦点を絞ったものになる。ヘンダーソン役は俳優のデイヴィッド・オイェロウォ(David Oyelowo)が演じる。2005年から話の出ていたこの伝記映画だが、ニーナが晩年を過ごしたフランスにて9月からいよいよ撮影が開始されるという。製作費1,000万ドル(約9億2,500万円)で、2012年に公開予定とのこと。さらに、メアリーは映画のサウンドトラックをソウルフルな音楽性で知られるラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)と制作する可能性があるとも話している。
(photo of Nina Simone by Roland Godefroy)

◆メアリー・J.ブライジ Artist Info(bmr.jp)
◆メアリー・J.ブライジ Artist Video(bmr.jp)
text by bmr.jp
この記事をツイート

この記事の関連情報