安全地帯の玉置浩二、香港記者会見で熱唱

ツイート

5月24日15:00~(日本時間16:00~)、香港インターコンチネンタルホテルにて玉置浩二の初めてとなる香港での記者会見が行なわれた。

◆玉置浩二、香港での記者会見画像

2010年9月~10月にかけて行なわれる香港、韓国、台湾を訪れる安全地帯のアジアツアーの発表と、5月26日に日本&香港で同時発売となるニューアルバム『安全地帯 XI ☆STARTS☆またね…。』に関する記者会見に集まったメディアは、約50社100名。香港外からも台湾、中国、韓国などアジアのメディアが大集結、アルバムを予約し抽選で招待された香港のファン20名も参加しての、大規模な記者会見となった。

広東語での挨拶を行なった玉置浩二は、その後のインタビューにて、6年振りのリリースとなったアルバム『安全地帯 XI ☆STARTS☆またね…。』のイメージが「恋」であること、アルバムの中で一番好きな曲が「雨」であることを明らかにした。

また、作品作りに関しては、「詞や曲が自分の中から生まれてくること、そういう自分を信じて作品を作った」ことを吐露、来たるアジアツアーでは「地元ミュージシャンと共演したい」と、本人たちも楽しみにしていることをアピールした。

そもそも安全地帯のキャリアにおいても、香港でのコンサートはこれまでの中で最高のステージだったという。香港のオーディエンスは最高と明言し、現地メディアを沸かせた。

また、この日の記者会見では、サプライズ・ゲストとして、香港の大御所歌手アラン・タムと、ハッケン・リーが登場。共に安全地帯・玉置浩二の大ファンであり、アラン・タムはアジアで初めて安全地帯の歌をカバーした人物。ハッケン・リーは8曲ものカバーをレパートリーに持ち、アジアで最も多く歌っているシンガーだ。

アラン・タムは「玉置さんの声が男らしくて女性にはたまらない」、ハッケン・リーは「詞も曲も書けてどれも素晴らしいが、特にバラードが最高」と玉置浩二へのリスペクトを顕にし、その後アラン・タムと玉置浩二は「ワインレッドの心」を広東語と日本語でパフォーマンス、ハッケン・リーとは「月に濡れたふたり」を熱唱、最後は3人で「I LOVE YOUからはじめよう」を玉置浩二のギターをバックに歌い、大きな盛り上がりを見せた。

記者会見のあとは、香港でのアルバムセールス10万枚を記念してのセレモニーが開催された。香港での10万枚セールスは、日本での200万枚ヒットに値するという。

<安全地帯アジア・ツアースケジュール>
2010年9月25日
 香港:アジアワールド アリーナ
2010年10月16日
 韓国:慶煕(キョンヒ)大学校 平和の殿堂
2010年10月30日
 台湾:台湾大学体育館

アラン・タム
1950年8月23日生まれ。香港芸能界・音楽界を代表するスーパースターのひとり。1989年の第40回NHK紅白歌合戦に、大ヒット曲「愛念(ゴイニム)」で出場。「ワインレッドの心(1984)」をカバーしている。

ハッケン・リー(李 克勤)
1967年12月6日生まれ。1986年デビューした香港の人気歌手。これまでに「夏の終わりのハーモニー(1987)」「I Love Youからはじめよう(1988)」「Juliet(1990)」「情熱(1990)」「Seaside Go Go(1991)」等をカバーしている。

◆安全地帯オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス