Lily.、美空ひばり以来の1/fのゆらぎを持つ新人シンガーの声とは?

twitterツイート
今夏にメジャーデビューが決まっているシンガー“Lily.”(リリー)が、プレデビューとしてレコチョク期間限定で5月12日に配信スタートした楽曲「遠く離れた場所で feat. C」が、デビュー前、そしてノンタイアップでは異例の「レコチョク着うたフル(R)ウィークリー10位、デイリーランキング最高位6位、クラブ・フル(R)ウィークリー1位」を獲得した。

“Lily.”(リリー)は、自らレ-ベルに送ったデモテープがきっかけで、2010年7月にVenus-B/KING RECORDS(MAY'S、CLIFF EDGE、クレンチ&ブリスタらが所属するR&B・HIP HOPレーベル)から同社マネージメント第一弾としてメジャーデビューが決まっているR&Bシンガ-。その歌声には、日本音響研究所 所長 鈴木松美氏も「美空ひばり以来」と立証済みの癒し成分「1/fのゆらぎ」があり、デビュー前から透明感のある癒しの歌声、人々の琴線に触れる歌声はまさしく「女神の声」と絶賛の声が続出している。

そしてその歌声からは想像も出来ないようなキュートなルックスも加わり、新世代歌姫として今後の活躍を十分に予感させ、デビュー前から期待が非常に高まっている。

今作「遠く離れた場所で feat. C」は、7月のメジャーデビューに先駆け、プレデビューとしてリリースされたレコチョク期間限定(5/12~6/13まで)の配信曲。事前に行った女子高生への楽曲アンケートや試聴サイトで絶大な評価を受け、口コミが拡大。スタートしたばかりのオフィシャルサイト、ブログへのアクセスも急上昇。そしてデビュー前にしてレコチョクサイトでの展開も話題を呼び、プレデビュー、ノンタイアップにして異例のチャート獲得となった。

この楽曲は“Lily.”も自ら作詞を手がけた遠距離恋愛をテーマにしたセツナソング。歌詞への共感に加え、謎の男性アーティスト「C」とのコラボレーションもWeb上で話題となっており、10代、20代の女性を中心に火が付いているようだ。

「1/fのゆらぎ」を持つ新世代歌姫としてデビュー前から異例の盛り上がりを見せる“Lily.”。その神秘的な歌声をぜひ体験してみてほしい。

<Venus-B Night 2010>
7月1日(木) 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
開場18:30/開演 19:30
出演:MAY’S、CLIFF EDGE、クレンチ&ブリスタ、Lily.、Sweet Licious and more
※レコチョクにて出演アーティストの対象楽曲をダウンロードすると抽選で無料招待。応募期間は6月13日(日)まで。

◆Lily. オフィシャルサイト
◆Lily. オフィシャルブログ「Lily.のリリーGo!!」
◆Venus-Bオフィシャルサイト
◆レコチョク
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報