中村一義がコンセプトサイトKIKA:GAKUをオープン

ツイート
100sのフロントマンとしても活躍する中村一義が、コンセプトサイト「KIKA:GAKU(キカガク)」をオープンした。

中村が長きにわたり構想を練っていたというこのサイトは、彼の創作活動の基盤として、創作の源となる要素や出会う人・モノから様々なテーマをひも解いていく場として立ち上げられたという。

現在公開されている特集ページでは、ルイス・キャロル『不思議な国のアリス』の有名なティーパーティーのシーン(中村自身も好きなシーンだという)を例に出したりしながら、KIKA:GAKUの成り立ちを中村が自ら語っている。さらにこのテキストは、音楽創作や価値観にも深く踏み込んでおり、中村一義という存在自体はもちろん、その作品を解読するのにも大きな助けとなるはずだ。

KIKA:GAKUにはオリジナルグッズの販売もあり、たとえば「KIKA:GAKU Tシャツ」と名付けられたTシャツは、中村の音楽とも関係の深いベートーベンがモチーフとなっている。さらにこの他にも、KIKA:GAKUサイト上のナビゲーターである“フクロウ博士”のオリジナルグッズや、アクセサリー、ゲームといったKIKA:GAKUのコンセプトグッズが展開されている。

また、雑誌『CONTINUE』(太田出版)にて約9年間にわたって連載されていたコラム「中村一義のアキハバカ」もリニューアルし、新たに『KIKA:GAKU』での連載がスタート。完全に辞めドコを完全に見失ったという中村は、今回「トキワ荘」について語っている。

独自の世界観で活動を続けている中村一義。KIKA:GAKUは、デビュー15周年を目前に控えた彼の、新たな表現活動の場としても期待できそうだ。

◆中村一義のコンセプトサイト 『KIKA:GAKU(キカガク)』
この記事をツイート

この記事の関連情報