フェイセズがこの夏、再結成することが発表された。2009年のチャリティ・イベントでのワン・オフ・リユニオン同様、ロッド・スチュワートは参加しない。代わりにシンプリー・レッドのミック・ハックネルがフロントに立つ。2011年には世界ツアーも行ないたいという。

彼らは8月13日、英国で開かれる<Vintage At Greenwood>フェスティヴァルに出演。ギタリストのロニー・ウッドは「またあの道を歩むなんてワクワクするよ。俺ら同様、フェイセズのファンもそう思ってくれるといいんだが。この夏、みんなに会うのを楽しみにしている。待ってろよ!」との声明を発表した。

さらに今回の再結成はここで終わらない可能性もあるそうだ。日本でも見られるかもしれない。イアン・マクレガン(Key)は「正直言って、ちゃんとしたツアーに出たいと思っている。アメリカ、日本、オーストラリア、ヨーロッパを周りたい」とBillboard.comに話している。

2009年のリユニオンでは、故ロニー・レーンの代わりに元ザ・ローリング・ストーンズのビル・ワイマンが参加したが、今回は元セックス・ピストルズのグレン・マトロックがジョインするそうだ。さらにサプライズ・ゲストがあるかもしれない。ロニー・ウッドはこんなことも口にしている。「ノエル・ギャラガーにステレオフォニックスのケリー・ジョーンズ、ブラック・クロウズのクリス・ロビンソン…、“一緒に歌わせてくれ”って言ってる奴らはたくさんいる。スケジュールが合えば、スラッシュがギターの助っ人をしてくれることになっている」

Ako Suzuki, London