氣志團、ドラマ『木更津グラフィティ』の裏テーマは“好きという気持ちは怖がらなくていい”

twitterツイート

氣志團の綾小路 翔が原作および制作総指揮を務めた地域密着型トレンディドラマ『木更津グラフィティ vol.1』の完成披露試写会(つっぱりコスプレ限定)が、渋谷で開催された。なお、この場で氣志團の約5年ぶりとなるオリジナルアルバムの発売と全国ツアーの開催が、團長・綾小路 翔の口から発表された。

◆氣志團 画像@2010.05.30 『木更津グラフィティ』つっぱり限定完成披露試写会

ドラマ『木更津グラフィティ』は、氣志團の地元であり、かつて「男女7人夏物語」の舞台ともなった千葉県木更津市を舞台に、伝説のヤンクロックバンド・氣志團を愛してやまない(コスプレイヤーの)若者たちを描いた、綾小路が日本全国、肩身の狭い思いをしているコスプレイヤーたちにエールを贈る、悲哀と失笑、そして感動の青春群像劇。6月16日にvol.1がDVDとしてリリースされる。

今回のイベントでは、観覧応募の段階で“ヤンキー”“氣志團”“つっぱり”というキーワードに基づくコスプレというドレスコードが設けられ、氣志團團長・綾小路 翔自らが厳しい審査を行なったののち、気合が入った上位200人が招待された。

イベントでは、英国留学中の白鳥雪之丞(Dr.)を除く氣志團のメンバーが登壇。綾小路翔は、「待ってたぜ! ありがとホントに、全国からたくさん山の人が集まってくれて。」と、まず観客に挨拶。上映にあたり、作品を制作する“きっかけ”を問われると、最近自身の歯が折れたこと(=歯っ欠け)に触れつつも、「実は構想は3、4年前からあったことで、映像作品を作りたいな、と。氣志團っていうのは、音楽+パフォーマンスだったりとか、画でみせたいな、というのがあったので。テーマは何種類かあったんですが、しっかり固まったのは、昨年の4月25日、26日の日本武道館で僕らが久しぶりにGIGを行なった時。全国からたくさんの仲間達が集まってくれて、きっとみんなもいろんな生活があるんだろうなって思ったら胸がいっぱいになって。だからみんなにスポットを当てたドラマがあってもいいんじゃないかな、と思って作りました。」と思いの丈を語った。一方、作品の見どころについて團長から話を振られた白鳥 松竹梅(マツ)は、「やっぱり…景色。」と応え、会場は爆笑。綾小路からは「(ちゃんと作品)観たんですかあなた?」とツッコミが入っていた。

また、オーディエンス全員がコスプレをしているという状態に「間違いないな、と思います。全世界、どこに出しても恥ずかしくない氣志團親衛隊だと思っています。」と、KISSESとの固い絆をうかがわせた。

一話目、二話目は撮影に入ってから1ヶ月で撮り終えたという『木更津グラフィティ』。綾小路は、シーズン6まで行ったあたりで映画化を見越しているとのことで、シーズン1は今回リリースされる1話目(vol.1)がプロローグで、2話目から物語は加速度つけて展開していくという。囲み取材では、「何かに夢中になってる人の事を、“やばいよね”とか、“変だよね”とか言う風潮がこの国にはあると思う。作品の裏テーマは、誰しもが譲れないものがある、ということ。好きなものひとつあるだけで、人生はすごく豊かになる。なくてもいいもの、でも、あると心が豊かになるもの。そういう無駄を大切にしていきたい。好きという気持ちは大事ということ、怖がらなくていいってことを伝えたい。(僕にとって譲れないものは)女の子ですかね(笑)。つっぱった格好に憧れたり、音楽やってみようと思ったこととか、今日に至るすべてが、“女の子にモテたい”という想いなんです。世間の誰に何と言われようと、絶対、一生かけてモテる男になりたい。その気持ちだけは譲れない。」と熱く語った。

一方、以前「SECRET LOVE STORY」ミュージックビデオに出演してもらったことのある沢尻エリカについては、「この手のお芝居とかは絶妙に上手いと思うんですよ。特に第四話にすごくいい役があるんです。非常に低予算でやってますので、その辺もご考慮いただいて、出ていただけたらなぁ。って思ってます。」と、出演オファーを送っていた。

なお、英国留学中の白鳥雪之丞だが、なんとこのイベントのために予定を数日繰り上げて緊急帰国。イベントのオープニングには間に合わなかったが、エンディングにオアシスの「Whatever」が流れる中、ユニオンジャックのド派手な学ランとロンドンブーツ、“ユニオンジャック刈り”とも表現できる髪型で登場。オーディエンスからの「お帰り!」の大歓声に、日本語を忘れてしまったのか、通訳を通し、流暢な英語(?)で挨拶。見事にイギリスかぶれしてしまったユッキに、数々の修羅場をくぐり抜けてきたはずの團長はじめ、氣志團のメンバーも思わず苦笑いを隠せなかった。

イベント中に発表された、氣志團約4年ぶりとなる全国ツアー<KISHIDAN HALL GIG TOUR 氣志團現象2010 A/W「ロックンロール・グラフィティ」>は、9月18日の戸田市民会館からスタート。全国15カ所17公演となる。さらに約5年ぶりのオリジナルアルバムは、『木更津グラフィティ vol.4』を出したあとに、“サントラ盤的な感覚”でリリースとのこと。

【<KISHIDAN HALL GIG TOUR 氣志團現象2010 A/W「ロックンロール・グラフィティ」>日程】
2010年
09/17(金) 戸田市文化会館
09/20(祝) 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
09/23(祝) 渋谷C.C.Lemonホール
09/24(金) 渋谷C.C.Lemonホール
09/26(日) 東京エレクトロンホール宮城
09/30(木) 千葉県文化会館
10/08(金) サンポートホール高松
10/15(金) 神戸国際会館こくさいホール
10/23(土) 福岡サンパレス
11/13(土) 札幌市民ホール
11/19(金) 愛知県芸術劇場大ホール
11/24(水) 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
11/26(金) 岡山市民会館
11/27(土) 広島アステールプラザ大ホール
12/11(土) 新潟県民会館
12/15(水) グランキューブ大阪メインホール
12/16(木) グランキューブ大阪メインホール


◆『木更津グラフィティ』公式サイト
◆氣志團オフィシャルサイト
◆iTunes Store 氣志團(※iTunesが開きます)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon