5月26日に「夢見る 15歳」でメジャーデビューをはたしたスマイレージの4人が、シングルリリース記念イベントを東京ドームシティ ラクーアガーデンステージにて開催した。

◆スマイレージ 画像@2010.05.30 <スマイレージ「夢見る 15歳」発売記念 ミニコンサート&握手会>

開始前からUSTREAMで舞台裏などを生中継していた今回のイベントは、ミニライヴや握手会に加え、最先端技術を用いてメンバーを増殖させてみたりと、今一番フレッシュなアイドルグループのフレッシュな魅力が存分に堪能できるものだった。

スマイレージを応援するファンたち2000人が見守る中、ステージに登場したスマイレージ。自己紹介では前田憂佳(ゆうかりん)の「今日は、ラクーアのイベントということで、みなさんが、クー“ラクーア”(クーラクーラ)するようなイベントにしたいと思います。」といったダジャレや福田花音(かにょん)の“シンデレラの生まれ変わり”トークが飛び出すなど、この日も絶好調。早々にメジャーデビュー曲「夢見る 15歳」を披露すると、オーディエンスも身を前に乗り出したり、手拍子、掛け声などで盛り上がる。

イベントでは、彼女たちがCMに用いているAR(拡張現実)のデモンストレーションも行なわれた。まず渡された「c」の形をしたARマーカー。PCを通してみるとセクシービームが発射されるというものだったが、ARそのものよりも、セクシービーム発射時の激しい音と光りにメンバーはビックリで、キャーキャーと悲鳴を上げながら思わず後退りしたり、四方八方にビームを打ってみたり。さらにCMでおなじみのスマイレージメンバーが踊るARマーカーを手渡された時には、ゆうかりんの「えー、あーるの?」というダジャレまで。そんなARマーカーを前に、浮かび上がるスマイレージとリアルのスマイレージがバックのモニターに映し出され、計12人に増殖したスマイレージが「夢見る 15歳」をパフォーマンスした。