JOYSOUNDユーザーが選んだ「遠愛ソング」ランキング

twitterツイート
カラオケJOYSOUNDが、4月26日(月)~5月26日(水)の期間にて募集した「遠愛ソング」のランキングを発表した。これはケータイサイト「うたスキmobile」「JOYSOUND[フル×歌詞]」「JOYSOUND[カラオケ]」など各種サイトにおいて、「遠距離」をテーマに、遠距離恋愛中の恋人や、家族・友人など、大好きな人との“離れた距離をつなぐうた=遠愛ソング”を募集したもの。

◆「遠愛ソング」ランキングTOP10

サイト利用者が10代を中心に若いという特徴が現れたか、TOP10すべてがJ-POP作品で占められ、カラオケ・ファンからは根強い支持を得る演歌や、昭和の歌謡曲、80年代ニューミュージックなどが一切影を潜めている。

1位を獲得したのは、そのタイトルも直球のRADWIMPS「遠恋」。根強いオーディエンスからの支持がここに結実したようだ。以降も19「以心伝心」、絢香「三日月」など、遠距離恋愛をテーマにした楽曲が続いている。遠距離恋愛の経験はなくとも、感情移入がそのままできてしまう共感できる名曲がラインアップされたようだ。

そんな中で槇原敬之の「遠く遠く」が、唯一の遠距離恋愛外からランクインをみせた作品となった。投稿には、故郷の友人を想うコメントが目立っていたという。

JOYSOUNDでは、この結果を受け、ランクインした楽曲をもとにあの人への想いをのせた「遠愛ソング」メドレーをカラオ配信するようだ。遠距離恋愛の代名詞「おり姫とひこ星」が出会う7月7日の七夕に、配信開始となるが、このメドレーの背景映像では、「遠愛ソング」募集と併せて一般ユーザーから寄せられた「離れた相手への想い/メッセージ」が紹介されるという。

◆JOYSOUND遠愛ソング特集サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報