BUCK-TICK、アニメ『屍鬼』に新曲「くちづけ」を書き下ろし

ツイート

BUCK-TICKの新曲「くちづけ」が、7月8日から放送されるアニメ『屍鬼』のオープニング・テーマに決定した。

◆BUCK-TICK、アニメ『屍鬼』画像

「くちづけ」はフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送されるアニメ『屍鬼』のオープニング・テーマのために書き下ろされた新曲だ。今も変わらぬインダストリアルでダークな世界観と、歪んだポップセンス、突き抜けたBUCK-TICKのオリジナリティが、『屍鬼』がピタリと融合したという。

『屍鬼』のビジュアルを見ても、かつてのあっちゃんに見えてしまうのは、洗脳されすぎだろうか。

新曲「くちづけ」のリリース詳細は現在未定だが、8月頃のリリースが予定されているという。アニメ『屍鬼』は7月8日25時15分から放送開始となる。

アニメ『屍鬼』
人口約1300人の小さな集落、外場村。外部とは国道1本でしかつながっておらず、周辺から隔絶されたようなこの地には、まだ土葬の習慣が残っている。ある日、山入地区で3人の死体が発見された。その死に村の医者の尾崎敏夫は不審を感じるが、事件性はないとされ、通常の死として取り扱われた。しかしこれ以降、村人が一人、また一人と死んでいく。これは偶然か、疫病なのか、それとも…。
2010年7月8日よりフジテレビノイタミナほかにて毎週木曜25時15分~放送
原作:ジャンプスクエア(原作:小野不由美、漫画:藤崎竜)にて連載中
(C)小野不由美・藤崎竜/集英社・屍鬼製作委員会

「くちづけ」
2010年8月末発売予定

◆BUCK-TICKオフィシャルサイト
◆BUCK-TICKレーベルサイト
◆『屍鬼』オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報