モーニング娘。が主演する舞台『FASHIONABLE』の制作発表会が6月6日に新宿LUMINE garden 9にて開催された。

◆モーニング娘。画像@2010.06.06 舞台『FASHIONABLE』制作発表

この舞台は、ファッションを通じて親子の絆を描いたファッション・サクセスストーリーで、約2年ぶりにモーニング娘。メンバーが総出演する。出演はほかに℃-uteの中島早貴、加藤紀子、そして辰巳琢郎など。

この日は、ドラマ『ケータイ刑事』などで堀北真希、黒川芽以、夏帆ら若手女優を次々にブレイクさせ、さらに今回の舞台『FASHIONABLE』のプロデュースも務めるBS-TBSの丹羽多聞アンドリウ 氏を司会に、『FASHIONABLE』というタイトルどおり、演じるキャラクターをイメージした衣装を身にまとってモーニング娘。のメンバーが登場。取材陣の前でファッションショーさながらのウォーキングを披露し、加藤紀子、辰巳琢郎とともに取材陣からの質問に応えた。

モーニング娘。のリーダー・高橋 愛は、「『FASHIONABLE』という舞台が6月11日からスタートいたします。このメンバーで頑張っていきますので、時間がありましたら、みなさん足を運んでいただけたらな、と思います。よろしくお願いいたします。」と、まず挨拶。さらに自分の役について「私の役は長谷川ココという23歳の女の子の役なんですけど、販売員で、トレゾアというショップのチーフをやらせていただいています。ココは頑張るんですけど、どこか空回りしてしまう役なんです。販売員の役だけでなく、感動があったりとか、仲間愛があったりするので、その辺も見ていただければ。」と舞台をアピールした。

また、同舞台で主人公のココに冷たく当たるキャラクターを演じる新垣里沙は、「見に来てもらった方々には、“(自分の演じる役を見て)最悪だなー”って言ってもらえるように頑張ります」と、悪女を演じきる決意を。“普段できない女に近いタイプ”と自ら語る亀井絵里は、今回デキる女の役ということで「ステージで堂々とデキる女の顔をしてもいいんだって思うと、最高な気持ちになりました。」と述べた。舞台では、“ぽけぽけぷぅ”な亀井絵里ではない姿に期待ができそうだ。


取材陣はおろか、壇上の出演者からも笑いをとったのが道重さゆみ。舞台では、“自分のことが可愛い”と思う一流タレントの役とのことで、何の心配もなく役柄をやりきれているという道重。しかし、彼女の役がきっかけで主人公の長谷川ココ(高橋 愛)が変わり始めるという重要な役柄であることに触れ、「そこら辺は、可愛いからって調子に乗らないで、しっかり演技をして、ココちゃんの変わるきっかけを作ってあげたいなって心から思っています。」と道重らしさも織り込んだ、流石のコメント。ところが最後に「一生懸命頑張ります!」と言うべきところを「一生懸命頑張りましゅ!」と、噛んでしまい、思わず会場にいた全員が大爆笑となった。そのほかにも、高橋 愛が頭にしていたカチュームを、司会の丹羽多聞アンドリウ 氏が「ハチマキ」と呼んでしまい、「違いますよ!」と、メンバーたち全員からツッコミを受けるなど、和気あいあいとした現場の雰囲気が感じられる発表会となった。

『FASHIONABLE』は、ル テアトル銀座(東京)で6月11日から6月20日まで。その後シアターBRAVA(大阪)でも6月25日から6月27日まで行なわれる。またモーニング娘。は、この舞台のテーマ曲となっているニューシングル「青春コレクション」を6月9日にリリースする。

◆Hello! Project オフィシャルサイト
◆『ファッショナブル』期間限定ブログ
◆iTunes Store モーニング娘。(※iTunesが開きます)