ペプシの“洋楽カヴァー”新CMに、ザ・クロマニヨンズ、Perfume、ポルノ出演

twitterツイート
「ペプシネックス」の新TVCMに、ザ・クロマニヨンズ、ポルノグラフィティ、Perfumeの3組が起用されることが明らかになった。ザ・クロマニヨンズがこのような企業の製品CMに出演するのは、今回が初めてとなる。

◆ザ・クロマニヨンズ、ポルノグラフィティ、PerfumeのCM画像、インタビュー

ペプシネックスのCMといえば、ご存知、アーティストが洋楽をカヴァーしてパフォーマンスするというもの。前作では、コブクロがデレク・アンド・ザ・ドミノスの「Layla」を、L'Arc~en~Cielがアローズの「I Love Rock'n Roll」を、倖田來未がダンス・フロアの定番ソング、シェリル・リンの「Got To Be Real」をカヴァーして話題となった。

今回のCMでは、ザ・クロマニヨンズがラモーンズの「Blitzkrieg Bop(電撃バップ)」、ポルノグラフィティはT・レックスの「Get It On」、そしてPerfumeの3人はカーディガンズの「Lovefool」をそれぞれカヴァー。「やっぱりこれが好き。」というキャッチコピーとともにそれぞれのアーティストが独自のテイストでパフォーマンスを披露する。

ザ・クロマニヨンズのCM撮影では、甲本ヒロトが撮影序盤からフルパワーで熱唱。現場はライヴ会場のような熱気に包まれた。一方で、4人が一緒に「ペプシネックス」を飲むシーンではタイミングが難しく苦労した模様。ちなみに選曲に関しては、甲本ヒロト曰く、「(ラモーンズの「電撃バップ」は)誰でもできる簡単な曲だから」だそうだ。

ポルノグラフィティは、足元を水に浸けながら水しぶきを上げてパフォーマンス。ふたりは終始クールな表情を見せながらも、じょじょに盛り上がりをみせる楽曲に、最後はこぶしを握ってシャウトした。撮影で苦労したことについて、岡野昭仁は「なんせミュージシャン11 年やってきて、なかなか飲みカットをやるということが無かったので役者さんって大変だなっていうことが良く解りました。」とのこと。

テンションが高かったのがPerfume。ライヴ後に「ペプシネックス」を必ず飲むというあ~ちゃんを筆頭に、“これぞPerfume!”というダンスと歌を披露。またナレーション収録では、可愛らしかったり大人っぽかったりと様々な「やっぱり、これが好き。」を録音。ヘッドフォンでサウンドチェックをしていた監督が、なぜかひとり照れていた(?)という。さて、そんなあ~ちゃんは、今回のCMについて「今回ペプシネックスさんのCM、出られて凄く嬉しいです。本当にこのネックスをめちゃめちゃライヴの後には絶対飲むし、大好きなのでとても光栄です。このネックスとともにPerfumeも大きくなれたらなと思います。」と、喜びを語っている。

ザ・クロマニヨンズ、ポルノグラフィティ、Perfumeが出演する「ペプシネックス」の新CMは、6月12日から全国でオンエアされる。

◆コブクロが歌う「ペプシネックス」新CM曲「Layla」、iTunesで世界同時配信へ
◆サントリー食品 PEPSI公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス