2010 FIFA ワールドカップ開幕前夜、豪華アーティストが一堂に会する一大イベントが開催

twitterツイート

▲写真右上から時計回り:アリシア・キーズ、アンジェリーク・キジョー、ブラック・アイド・ピーズ、ブラック・ジャックス、ジョン・レジェンド(アルファべット順)

6月11日にいよいよ開幕を迎える2010 FIFA ワールドカップ。その開幕前夜である6月10日(日本時間・11日)に、南アフリカ・ヨハネスブルク郊外のソウェトにあるオーランド・スタジアムで3時間にわたって行なわれたのが、このFIFAワールドカップ開幕記念コンサート(FIFA World Cup(TM) Kick-off Celebration Concert)だ。この世界中の注目を集めたコンサートが、早くも6月12日(土)午後3:50~WOWOWで放送される。

今回のコンサートに出演したのは、まず2009年リリースしたアルバム『The E.N.D.』から「Boom Boom Pow」「I Gotta Feeling」「Imma Be」の3曲がチャート1位になるという19年振りの快挙を成し遂げたブラック・アイド・ピーズ。「I Gotta Feeling」を圧倒的なパフォーマンスで披露した。そして、トップ・プロデューサーのスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)と婚約し妊娠も発表されたアリシア・キーズは名曲「No One」を熱唱。シャキーラは、『She Wolf/シー・ウルフ』でそのセクシーすぎる肢体とダンスを披露した。その他にも、人気生音ヒップホップ・バンドのザ・ルーツ(the Roots)と新作を制作中のジョン・レジェンド、そしてコロンビアの“情熱の貴公子”フアネスなどの世界的なアーティストが南アフリカに集結した。

ほかにも、ブラック・ジャックス、アンジェリーク・キジョーなど、開催国である南アフリカを中心にしたアフリカのミュージシャンたちがパフォーマンスを展開。なんと、アリシア・キーズとブラック・ジャックスの奇跡のコラボレーションも行われた。他にも、今回のコンサートでしか実現しない素晴らしいコラボレーションに会場の熱気は最高潮となっていた。

また、このコンサートにはミュージシャンだけではなく、新旧の伝説的なサッカー選手や、各界の著名人も登場した。中でも最も注目を集めたのは元ドイツ代表のサッカー選手、“皇帝”ベッケンバウワーの登場だった!

さまざまな分野でリスペクトされる人物が登場することで、歴史に残るイベントになったことは間違いないだろう。そして、このコンサートがこれから熱戦が繰り広げられるワールドカップ自体を盛り上げてくれることに違いない。

このイベントの収益は全て主要財団に寄付され、アフリカ全土での教育・医療サービス・そしてサッカー普及の活動に役立てられる予定となっている。

ワールドカップ史上初めてとなったこのライブ。そうそうたるアーティストが一堂に会する非常にプレミアムなライブが、WOWOWでライブ翌日の6月12日に、3時間に渡って放送される。サッカーファンは、ワールドカップを最大限盛り上げるための番組として必見。サッカーにはあまり興味がないという人にとっても、このコンサートは別物。ぜひ大型テレビを前に楽しんでほしい。

放送日:2010年6月12日午後3:50~
収録日:2010年6月10日
収録場所:南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ オーランド・スタジアム
出演/アリシア・キーズ、アマドゥ・エ・マリアム、アンジェリーク・キジョー、ブラック・アイド・ピーズ、ブラック・ジャックス、ジョン・レジェンド、フアネス、シャキーラ、ザ・パーロトーンズ、ティナリウェン、ヴィユー・ファルカ・トゥーレ、ヴーシー・マーラセラ ほか(アルファべット順)

◆WOWOWオフィシャルサイト
◆「FIFAワールドカップ開幕記念コンサート」番組ページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報