H ZETT M、最新シンセでクラシックを速弾き

ツイート

“謎の天才ピアノ・マジシャン”H ZETT M(エイチゼットエム)が、最新シンセ・サイザーPS60とコラボしている。

◆H ZETT M × KORG PS60 - Produced by H ZETT ISM - 映像

2008年のライヴを最後に、表立った活動のなかったH ZETT Mが6月10日、シンセサイザーやデジタルピアノなど電子楽器を製造、販売しているメーカー「KORG」(株式会社コルグ)のホームページに突如現れた。

砂漠のような場所で最新シンセサイザー「PS60」を使ってのパフォーマンス、クラッシック・ナンバーを独自の速弾きで魅せる。演奏の合間には、このシンセの特徴を伝えようとしているものの「引き締まってフォントがカッコいい」だの「ジョイスティックが男前」「羽ばたき感がいい」と意味不明な発言を連発。全体の雰囲気で考えると、ややまとまりは無いがどうやらお気に入りのようだ。

バックトゥーザフューチャーかターミネーターのような登場で、何故かカンフー(?)、そして風船を持って走り回る等、まったく理解不能だが、H ZETT Mらしいといえば確かにH ZETT Mらしい、人々を混乱に落とし入れるパフォーマンスは健在だ。


ここ最近までしばらく表立った活動がなかったものの、3ピースバンド“mimitto”をプロデュースし、彼らのワンマン・ライヴに登場したり、映像作家“UGICHIN(ウギチン)”と新プロジェクトを立ち上げたりと、計算されているのか思いつきなのか、とにかく動き始めている。今回のコルグPS60の映像も、H ZETT ISMプロジェクトの第一弾とのこと。この新型マシーンを引っさげて、そろそろ表舞台に出てきてくれることを期待しよう。

◆KORGウェブサイト
◆H ZETT Mオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報