英国で最も売れているミュージック・マガジン『MOJO』が主催するアワード<MOJO Honours List 2010>の受賞者が発表された。

同アワード史上最高の4部門にノミネートされたフローレンス&ザ・マシーンは、残念なことに1つの受賞もならず。新人賞はThe Low Anthemに、最優秀アルバムはリチャード・ハーレイの『Truelove's Gutter』に贈られた。ソング・オブ・ザ・イヤーはカサビアンの「Fire」が受賞している。

今回、Merit、ヒーロー、インスピレーションなどこれまでの功績を称えるアワードで80年代に活躍したアーティストが選ばれたことに対し、『MOJO』マガジンの編集者は「80年代はもはや60年代のようなもの。当時の影響をそこかしこで聴くことができる」と話している。

MOJO殿堂入りは、どこからも文句が出ようのないジミー・ペイジが受賞した。

授賞式には、そのペイジ、デュアン・エディ、ストーン・ローゼズのマニ、カサビアン、シガー・ロスらが出席。ティアドロップ・エクスプローズが28年ぶりにリユニオンすると見られていたが、ジュリアン・コープがドタキャンしたため実現ならず。キーボードのデヴィッド・バルフは「7時に“彼は向かってるとこだ”と言われ、8時に“もう来る”って言われ、その後“来ない”とのメッセージを受けとった」と話している。

<MOJO Honours List 2010>の受賞は以下の通り。

●最優秀アルバム
リチャード・ハーレイ『Truelove's Gutter』

●最優秀新人
The Low Anthem

●最優秀ライヴ・アクト
Midlake

●ソング・オブ・ザ・イヤー
カサビアン「Fire」

●ヴィジョン・アワード
映画『Oil City Confidential』

●MOJOメダル
ダニエル・ミラー(プロデューサー/Mute Recordsの創始者)

●Maverick(異端者)アワード
ホークウィンド

●コンピレーション・オブ・ザ・イヤー
『Amorphous Androgynous』

●Merit(功績)アワード
ディーヴォ

●クラシック・アルバム・アワード
『The Stone Roses』

●カタログ・リリース・オブ・ザ・イヤー
『The Beatles Remastered』

●ルーツ・アワード
ケイト&アンナ・マクギャリグル

●ヒーロー・アワード
マーク・アーモンド

●クラシック・ソングライター・アワード
ロイ・ウッド

●音楽への貢献賞
シガー・ロス

●レス・ポール・アワード
リチャード・トンプソン

●インスピレーション・アワード
ティアドロップ・エクスプローズ

●功労賞
ジャン・ミッシェル・ジャール

●アイコン・アワード
デュアン・エディ

●MOJOホール・オブ・フェイム
ジミー・ペイジ

Ako Suzuki, London