L'Arc~en~Cielのライヴ映像を無断複製・ネット販売した男を逮捕

ツイート
音楽プロダクション224社(2009年4月時点)で構成され、多くのアーティスト、ミュージシャン、プロデューサーなど、音楽に関わる人々が加盟する公益法人「音楽制作者連盟(略称:音制連/FMP)」の所属アーティストであるL'Arc~en~Cielの、ライヴ映像を無断で複製しネットオークションで販売した男(25)が6月17日、著作権法違反(著作隣接権侵害)の疑いで逮捕された。

男が違法に販売していた映像を見つけた音楽関係者から、男に対して販売中止の呼びかけを行なったものの、男が対応しなかったため、今回の逮捕に至ったという。

本件に関して、音楽制作者連盟は下記の声明を発表している。

   ◆   ◆   ◆

本連盟では、YAHOOオークション等を利用して会員アーティストの映像や音源を違法に販売している出品者に対し、販売中止の通知や警告を続けて参りましたが、今回のケースは極めて悪質であり、権利侵害を最小限に抑えるため、警視庁生活経済課に被害届けを提出し、緻密な連携を図りながら本日の逮捕に至りました。

本連盟と致しましては、加盟会員社並びにアーティストの権利の擁護のため、「フェア・ミュージック・マニフェスト」を表題に掲げ、本件のようなネットオークションにおける悪質な違法出品や、動画投稿サイトにおける違法動画の投稿、さらには無許諾で行われる違法音楽配信などの権利侵害に対し、当連盟公式ウェブサイト「NEXUS(www.nexus-web.net)」を通じて、引き続き音楽ファンの理解を得るための啓発活動を推進して参ります。そして、目に余る悪質な行為に対しては、警察による対応に限らず、適切な対応を講じていく所存です。

今後とも、音楽ファンの皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

   ◆   ◆   ◆

※フェア・ミュージック・マニフェストとは
音楽制作者連盟が2010年、違法配信、海賊商品、オークションでのチケットの高価取引などに対し、フェアでないコンテンツ及び、商品取引に対して適正取引を誘引するための運動(マニフェスト)。2007年には「ミュージック・ガーディアンズ」として違法配信の撲滅運動を開始している。

◆音楽制作者連盟 公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報