スノウ・パトロール+R.E.M.⇒タイアード・ポニー、7月デビュー

ツイート
スノウ・パトロールのギャリー・ライトボディと、R.E.M.のピーター・バックを中心としたタイアード・ポニーのデビュー・アルバム『ザ・プレイス・ウィー・ラン・フロム』のリリースが決定した。

◆タイアード・ポニー動画&画像

元々、スノウ・パトロールとは違う一面を出したバンドで演奏したかったというギャリーが、アルバムをレコーディングするためにポートランドへ来たことが、このプロジェクトの始まりだという。ギャリーの親友でもあるジャックナイフ・リーを通じてR.E.M.のピーターと出会った彼は、ピーターとともに、ズーイー・デシャネル(シー&ヒム)、マット・ウォード(シー&ヒム)、リチャード・コルバーン(ベル&セバスチャン)、イアイン・アーチャー、ジャックナイフ・リー、トム・スミス(エディターズ)、スコット・マッコーイ(ザ・マイナス5/R.E.M.のサポートメンバー)等といった、超豪華メンバーをポートランドにある「タイプ・ファウンドリー・スタジオ」に集結させた。

そして2010年1月、レコーディング期間なんと1週間というタイトなスケジュールの中、何本かのマイクをみんなで囲んで即興演奏に近いライヴ・レコーディング・スタイルで制作、本作『ザ・プレイス・ウィー・ラン・フロム』の完成となった。

「僕らはただ楽しむために自分達の世界の中でレコードを作ったんだよ。で、それがすごく楽しかったんだ。」──ギャリー

「すごくパワフルでエモーショナルであると同時にとても自由な感じなんだ。これをもっと続けないなんておかしいよ」──ピーター

終始和やかな感じで行なわれた数々の即興演奏には、純粋に音楽を楽しむ彼らの想いと愛情が詰まっており、そんな演奏で完成されたアルバムは、珠玉の名曲揃いの素晴らしい内容になっているという。彼らのセッション風景の映像がウェブに公開されているが、そこからも自然体でストレスのない状況が見て取れる。健やかな音楽が誕生するための重要な環境が、タイアード・ポニーのまわりに出来上がったようだ。

各メンバーはそれぞれが超多忙な状況ではあるが、7月14日にはロンドンにてライヴを行なう事も決定している。


『The Place We Ran From (ザ・プレイス・ウィー・ラン・フロム)』
2010年7月21日(水)発売
VVR742665J 2,490円(税込)
1.Northwestern Skies
2.Get On The Road
3.Point Me At Lost Islands
4.Dead American Writers
5.Held In The Arms Of Your Words
6.That Silver Necklace
7.I Am A Landslide
8.The Deepest Ocean There Is
9.The Good Book
10.Pieces
※ボーナストラック収録予定

◆タイアード・ポニー・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報