アンダーグラフ、坂本美雨とのコラボ曲含むシングルを8月に発売

ツイート

アンダーグラフが通算10枚目のシングル「夏影」を、8月11日にリリースすることが決定した。

表題曲「夏影」は、作詞・作曲を担当する真戸原(Vo)にとっては初となる共作楽曲で、そのお相手は、ポルノグラフィティやいきものがかりなどのプロデュースで知られる本間昭光。少年時代に感じる夏の終わりの儚さを、シンプルにしてドラマティックなアレンジで描写している。彼らの真骨頂ともいえる、叙情的な楽曲世界の中に新しい始まりを予感させる作品となっているという。

また、カップリングにはSoulJaとの異色コラボが話題になった配信シングル「2111 ~過去と未来で笑う子供達へ~」に加え、彼らが大ファンである阪神戦の全試合を中継するABCラジオ「フレッシュアップベースボール」のテーマ曲として起用され、リリースが熱望されていた「やっぱり地球は青かった」を坂本美雨とのコラボレーションにより収録。

今作について、真戸原は次のようにコメントしている。

「前作まで2作連続で物語風の曲を書いたから、今回は自分の記憶をたどって曲を書き始めた。夏休みに隣町に引っ越した友達に会いに行ったこと。何処に向かうでもなく自転車を漕いで、汗だくになって、駄菓子を買ったり公園で水を飲んだり。いつからか早く大人になりたいと思い始め、いつからか子供に戻りたいと思うようにもなる。変わっていくことや、変わらないこと。そのなかでどうやって生きていくんだろう。そんな事をいつものように考え、答えを導き出してこの曲を書きました。夏が終わり、寂しくとも実りがある秋が来る。そう歌いたかったのです」

10thシングル
「夏影」
2010年8月11日
FLCF-4346 ¥1,200(税込)
1.夏影(アンダーグラフ)
2. 2111~過去と未来で笑う子供達へ~(アンダーグラフ×SoulJa)
3.やっぱり地球は青かった(アンダーグラフ×坂本美雨)
(ABCラジオ「ABCフレッシュアップベースボール」テーマ曲)

◆アンダーグラフ・オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報