SHANTIのデビューアルバムを24bit/96kHzで独占配信

ツイート
コロムビア・ミュージックエンタテインメント100周年記念アーティスト、SHANTIのデビューアルバム『BORN TO SING』の、24bit/96kHzでの配信が、高品質音楽配信サイト「e-onkyo music」で開始された。

SHANTIは、地元横浜フリューゲルスの公式イメージソング「Fly So High」を皮切りに、ユニクロ、TOYOTA、花王、AJINOMOTO 他、多数の日本を代表する企業のCMでその存在感を示してきたアーティスト。最近では、森永乳業「マウントレーニア カフェラテ」のCM曲を担当しているので、耳した人も多いはず。

ヴォーカリストとしての活動のほか、クリスタル・ケイに作詞を提供、また菅野よう子が担当したアニメ映画「天空のエスカフローネ」でフィーチャーされるなど、活躍の場も広い。また、著名ミュージシャンとの共演も多く、これまで桑田佳祐、サディスティック・ミカ・バンド、CHAR、ジョー・サンプル、小沼ようすけ他、国内外を問わずさまざまな形でコラボレーションしてきている。さらに海外のミュージシャンとの交流も多く、ピーター・アースキンやジョー・サンプルなどと親交を深めている。

そんなSHANTIが満を持して発表するデビューアルバムは、名だたるアーティストとのコラボレーションを繰り広げる中で、着実に花開いていった彼女の個の魅力が、満開に達した現在を封じ込めた作品。優れたソングライティング・センスを駆使して生み出された自作曲から、「They Can't Take That Away From Me」、「Fly Me To The Moon」といった往年の名ジャズ・ナンバー、さらには桑田佳祐の「真夏の果実」まで、彼女の魅力を余すところなく楽しめる内容だ。

5月19日からすでに先行配信ミニアルバム「Born to Sing(先行セレクトVer.)」がiTunesからリリースされ、JAZZチャートで1位を獲得するなど、大きな反響を得ているSHANTIの歌声が、e-onkyo musicでは、CDを遥かに超える24bit/96kHzの高精細な音で配信される。本格派ヴォーカリストの歌声を、まさにスタジオのコントロールルームで聴いているかのようなマスタークオリティで存分楽しめるというわけだ。

SHANTI『BORN TO SING』
COCB-53916 ¥2,800(tax in
)1.Aqua's Lullaby
2.They Can't Take That Away From Me
3.Killing Me Softly With His Song
4.真夏の果実~Summer Blue~
5.Our Song
6.Yuyake
7.Talking Low
8.From This Moment On
9.Cry Me A River
10.Look Back
11.Closing Time
12.Fly Me To The Moon
13.Goodnight
14.Curtain Call

◆SHANTI「BORN TO SING」リリース記念特設ページ(e-onkyo music 内)
◆HD高品質音楽配信サイト「e-onkyo music」
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報