キース・エマーソン&グレッグ・レイク、二人だけでEL&P、キング・クリムゾンを演奏する来日公演

ツイート

1970年代にプログレッシヴ・ロックの黎明期を築いたエマーソン・レイク&パーマーのキース・エマーソンとグレッグ・レイクが二人揃って来日公演を行なうことが決まった。

エマーソン・レイク&パーマーは、キース・エマーソン、グレッグ・レイク、そしてカール・パーマーの3人から成るプログレッシヴ・ロック・バンド。1970年に結成され、『タルカス』『展覧会の絵』『トリロジー』『恐怖の頭脳改革』そして『レディース・アンド・ジェントルメン』というヒットアルバムを連発。ハモンド、モーグを中心にしたキース・エマーソンの演奏テクニックと、ロック、クラシック、ジャズを融合した先進的な音楽性でロック界の頂点に君臨したスーパー・バンドだ。

今回は、キース・エマーソンとグレッグ・レイクの2人が揃って来日。2人だけでEL&P、ザ・ナイス、キング・クリムゾンの名曲を新アレンジで披露するということだ。

東京公演のインターネット先行予約は7月2日(金)11:00~7月16日(金)18:00まで、大阪公演のインターネット先行予約は7月5日(月)11:00~7月23日(金)18:00まで。往年のプログレッシヴ・ファンはチケットを早めにゲットしよう。年月を経て熟成されたプログレ・サウンドに魅了されるはずだ。

10月4日(月)東京・渋谷C.C.Lemonホール
10月5日(火)東京・渋谷C.C.Lemonホール
[問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
10月7日(木)大阪・松下IMPホール
[問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506

◆ウドー音楽事務所
この記事をツイート

この記事の関連情報