バッド・カンパニー、なんと35年ぶりの来日公演が決定

twitterツイート

元フリーのポール・ロジャース、同サイモン・カーク、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、そして元キング・クリムゾンのボズ・バレルによって1974年に結成され、ブルーズを基にした骨太のロックサウンドと圧倒的なライヴパフォーマンスで一世を風靡したスーパーバンド、バッド・カンパニーが、なんと35年の年月を経て再び日本の地に舞い降りる。

◆バッド・カンパニー画像

バッド・カンパニーは1973年に結成され、1974年にレッド・ツェッペリンが創設したスワン・ソング・レーベルからデビューアルバム『バッド・カンパニー』をリリース。シングルとして発売された「キャント・ゲット・イナフ」が大ヒットし、一躍スーパーバンドとして世界を席巻した。

翌年に2ndアルバム『ストレート・シューター』、そして1976年に3rdアルバム『ラン・ウィズ・ザ・パック』をリリースし、その人気を不動のものとした。しかし1982年のアルバム『ラフ・ダイアモンド』をリリースしてからは活動が滞りがちになり、活動を休止。その後離合集散を繰り返しながらそれぞれが活動を続けていった。

なかでも、バンドの顔であるポール・ロジャースは活発に音楽活動を続けており、2005年からクイーンに参加、来日公演で多くのファンの涙を誘う素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたことは記憶に新しい。

さて、そのバッド・カンパニーのオリジナルメンバーでの来日である。オリジナルメンバーとはいっても、ベーシストのボズ・バレルが2006年に亡くなっているので、厳密な意味ではオリジナルではないが、ポール・ロジャースとサイモン・カーク、そしてミック・ラルフスの3人のオリジナルメンバーが再び集まったということで、ファンにとってはうれしい限りだろう。

公演は東名阪+福岡。東京では東京国際フォーラムの2デイズが予定されている。大きな会場でスケールの大きなライヴを見ることができそうだ。熟年ファンのみなさん、チケットはお早めに。

<公演日程>
10月18日(月)福岡 Zepp Fukuoka
[問]TSUKUSU 092-771-9009
10月20日(水)名古屋 Zepp Nagoya
[問]CBCイベント事業部 052-241-8118
10月21日(木)大阪 なんばHatch
[問]大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506
10月25日(月)東京 東京国際フォーラムホールA
10月26日(火)東京 東京国際フォーラムホールA
[問]ウドー音楽事務所 03-3402-5999
インターネット先行予約 7/12(月)11:00~7/30(金)18:00
◆チケット詳細&購入ページ
◆ウドー音楽事務所
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon
amazon