ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス、ジャスティン・ビーバーとコラボ

ツイート

全米初登場No.1映画『ベスト・キッド』のエンディング・テーマ曲のレコーディング風景を収めた映像がオフィシャルサイトで公開された。ジャスティン・ビーバーとウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスがコラボしたスペシャルな映像だ。

◆映画『ベスト・キッド』予告編

8月14日(土)より全国公開となる映画『ベスト・キッド』は、1984年のあの不朽の名作『ベスト・キッド』のリメイクだ。舞台は中国・北京に、そして空手からカンフーへとかわった本作のプロデューサーはウィル・スミス。師匠役には名実ともに世界No.1のカンフーマスター、ジャッキー・チェン。そのジャッキーからカンフーの手ほどきを受ける少年を、ウィル・スミスの息子12歳のジェイデン・スミスが演じる。

2006年の大ヒット映画『幸せのちから』で父ウィル・スミスと共演し、世界中を涙に包んだジェイデン・スミスの衝撃の俳優デビューから4年。まさにハマリ役とも言うべき本作でも、アジアの名優ジャッキー・チェン相手にその役者としての才能をいかんなく発揮している。そして本作ではなんとエンディング・テーマ曲でコラボ参加し、ついに歌手デビューまで果たしている。しかもその相手がジャスティン・ビーバーなのであるから、もう頂点まで登り詰めてしまったようなものだ。

『ベスト・キッド』のエンディング・テーマは「ネヴァー・セイ・ネヴァー」。映画のテーマである“決してあきらめない心”というメッセージが込められており、曲中のラップをジェイデン・スミスが担当している。ウィル・スミスも驚くほどの見事でキュートなラップを披露し、12歳にしてそのマルチな才能っぷりは、末恐ろしい限りだ。

PVの中ではキレのあるダンスも披露しており、ジェイデンは「パパより僕の方が断然ダンスはうまい」と豪語。さらに曲中には「僕は“意志(ウィル)”の子さ」という気の利いた歌詞も登場。ジャスティン・ビーバーは年下のジェイデンを“リトル・ブラザー”と親しみを込めて呼び、ジェイデンも「ジャスティンとの仕事はとても楽しかった。彼はいい人だよ!」と語っており、息の合った2人の様子を見ることができる。

「ネヴァー・セイ・ネヴァー feat. ジェイデン・スミス」のCDシングルは8月18日(水)発売の予定だ。映画『ベスト・キッド』は8月14日(土)、新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる。

◆映画『ベスト・キッド』オフィシャルサイト

映画『ベスト・キッド』
監督:ハラルド・ズワルト 『ピンクパンサー2』
出演:ジェイデン・スミス 『幸せのちから』、ジャッキー・チェン『ドラゴン・キングダム』
アメリカ公開 2010年6月11日
8月14日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
8月7日(土)、8日(日)先行上映決定(一部劇場を除く)
この記事をツイート

この記事の関連情報