Sweet Vacation、大阪ワンマンで超拡張現実(AR)映像を披露

ツイート

7月11日(日)、Sweet Vacationが大阪Shangri-Laにて初のワンマンライヴ<FUTURHYTHM2010>を行なった。アンドロイド型ダンサー:バケイション・シスターズも登場、満員のオーディエンスのなか、大いに盛り上がり、ダブル・アンコールを含む全17曲が披露された。

◆Sweet Vacationライブ画像

ライヴのオープニングでは、イギリスで活躍する人気メディア・アーティスト、KEIICHI MATSUDAによる超拡張現実(AR)な映像と、Sweet Vacationの新作アルバムを代表するナンバー「Futurhythm」がコラボレーション。7月14日にリリースとなるコンセプト・アルバム『Re;未来派宣言』の世界観を、新技術AR(拡張現実)をテーマに具現化するSweet Vacationらしい革新的な試みとなった。

「このコラボはかならず次へつながっていきます。世界中の才能と自由にネットを通じてコネクトすることも『Re;未来派』プロジェクトの一つです」──Daichi / Twitterでの発言より。

超拡張現実(AR)映像は、8月22日(日)に代官山UNITで行なわれる、ワンマンライヴ東京公演<FUTURHYTHM2010>でもオープニングで披露される。ポップミュージックとメディアアートの国境を超えたスイバケならではのコラボレーション。時代の最先端を走る斬新な試みを体験すべし。

なお、現在オフィシャルサイトでは、アルバム『Re;未来派宣言』を代表するマニフェストソング「Futurhythm(manifesto version)」が期間限定ながら無料公開されている。楽曲とあわせてPDFブックレットもダウンロードできる。この機に是非ゲットを。

<FUTURHYTHM 2010>
2010年8月22日(日)
@DAIKANYAMA UNIT
開場17:00 開演18:00
前売3,500円 当日4,000円/with 1Drink

◆Sweet Vacationオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報