ジョン・ライドン、GORILLAZへの参加を断っていた

twitterツイート
セックス・ピストルズ/PiLのジョン・ライドンが、GORILLAZのアルバム『Plastic Beach』への参加を依頼されたものの断っていたことを明らかにした。

ライドンは『Daily Star』紙にこう話している。「電話かかってきたけど、俺の答えは“ノー”だった。他人の遺伝子プールにちょっかい出すのは好きじゃない。いわゆる有名人って呼ばれる奴らと仕事したことは何度もあるけど、金目当てでやったことは一度もない。もしやるとしたら、ビジネスライクな電話の後マネージメントの契約があって、それからどういう音楽が流行ってるか調査してやっとアルバムが作られるなんてやつじゃないよ」

ジョン・ライドンは現在、2009年末リユニオンしたPiLとして活動中。来週から再びUKツアーを行なう。ライドンは最近、PiLの活動には「18年間、ずっと自腹を切っていたが、バターのCMに出たおかげでツアーがやれるようになった」と話していた。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス