英チャート、エミネムのアルバムが再びトップに

twitterツイート
今週の英シングル・チャートはパラモアのヴォーカル、ヘイリー・ウィリアムスをフィーチャーしたB.o.Bの「Airplanes」が先週の3位からランク・アップ、1位に輝いた。2位はYolanda Be Cool VS D Cupの「We No Speak Americano」が先週の5位から上昇、3位にはリアーナをフィーチャーしたエミネムの「Love The Way You Lie」がつけた。

今週は、リリー・アレンをフィーチャーした新人ラッパー、Professor Greenの「Just Be Good To Green」(5位)、マーク・ロンソンの「Bang Bang Bang」(6位)、新人女性シンガー、エリザ・ドゥーリトルの「Pack Up」(8位)が新たにトップ10入りした一方、先週トップだったJLSの「The Club Is Alive」は7位にランク・ダウンした。

アルバム・チャートは、先週、カイリー・ミノーグに1位の座を譲ったエミネムの『Recovery』がトップに返り咲いた。そのミノーグのアルバム『Aphrodite』は2位に後退。3位には、エリザ・ドゥーリトルのデビュー・アルバム『Eliza Doolittle』がチャート・インした。

今週はこのほか、1年前にデビューしたばかりのBombay Bicycle Clubがはやくもリリースした2nd『Flaws』が8位に初登場している。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス