ワン・デイ・アズ・ア・ライオン、ウォーミング・アップ・ギグを緊急決行

twitterツイート

ザック・デ・ラ・ロッチャが、元マーズ・ヴォルタの超絶ドラマー、ジョン・セオドアと発動させた新プロジェクト:ワン・デイ・アズ・ア・ライオン。

◆ワン・デイ・アズ・ア・ライオンPV映像&画像

ギターレス/ベースレスという、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとは間逆の編成ながら、今まで以上にリアルなザックの叫びが込められたワン・デイ・アズ・ア・ライオンは、世界初の記念すべきワールド・プレミア・ライブの場に、<フジロック・フェスティバル'10>を選んだわけだが、そのウォーミング・アップ・ギグを7月17日&18日にポモナとLAにて緊急決行した。

ライヴ実施の発表がされたのが7月12日、その週末の2日間には敢行されるという超緊急っぷり。さらに7月17日のポモナはキャパなんと80人、18日のLAライヴもわずか200人という激レア・ライヴとなった模様。

サポートのキーボード・プレイヤーとして、究極のノイズ・アート集団“ロカスト”のジョーイ・カラムを迎えた3人編成でステージに立ったワン・デイ・アズ・ア・ライオンは、初日には新曲を含む計9曲(約40分)を披露、翌LAギグのオーディエンスの中には、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ(G)の姿もあったという。

ライヴは、オープニング「オーシャン・ビュー」から強烈なエネルギーが爆発、ザックはステージ上を所狭しとジャンプを繰り返しながら弾丸ラップを浴びせ、またジョン・セオドア(Dr)の超絶ドラミングは、時にハードコア、時にフリー・ジャズのように変幻自在にリズムを操り、EPで聴くよりも格段にシャープで雄々しいものだっという。

また披露された新曲の中には、ボブ・マーリーを彷彿させるような新機軸のものがあったり、またステージ上でなんとザックが時折笑顔を見せることもあったそうで、レイジ~のそれとは明らかに異なる貴重なものだったようだ。

2010年末にはニュー・アルバムの発売が予定されているというワン・デイ・アズ・ア・ライオンだが、一足前にその全容を体験できるのは、ここ日本のフジロック、そして激レアな単独公演だ。


<フジロック・フェスティバル10 >
7月31日(土)@苗場

<ONE DAY AS A LION Japan tour 2010>
8月3日(火)大阪:ビッグ・キャット
8月4日(水)名古屋:クラブクアトロ
8月6日(金)東京:代官山UNIT※SOLD OUT
[問]SMASH  03-3444-6751

Live Photo byRobbie Lloyd
◆ワン・デイ・アズ・ア・ライオン・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon