ケータイ世代が選ぶ「今年ブレイクしそうなアーティスト」

twitterツイート
レコチョクがユーザーを対象とした「今年ブレイクしそうなアーティストランキング」を発表。1位にmiwaが選ばれた。

◆小柄でかわいらしいルックスも魅力なmiwaのアーティスト画像

最も票を集めたのは、2010年3月3日に「don't cry anymore」でメジャーデビューをはたしたmiwa。彼女はCDデビュー前日の3/2付のレコチョク着うたフル(R)デイリーランキングで1位を獲得。「かわいらしい見た目と格好良くギターを弾く姿のギャップがいい」「透き通った歌声と心にしみる歌詞に共感」と、小柄でかわいらしいルックスと歌声・歌詞に支持が集まった。

そのほかトップ10には、ナオト・インティライミやHoney L Days(ハニー エル デイズ)、ICONIQ、そして目下iTunesの総合チャートで連続1位を獲得中のmoumoon(ムームーン)といったアーティストがランクイン。いずれもTVCMやドラマのタイアップから火がついた形だ。

一方で、9位にランクインした世界の終わりは、大型露出はないものの、タワーレコード限定で発売された1stシングルが3月に着うたフル(R)で配信され、「レコチョク ロック・フル」週間ランキングで1位を獲得。耳の早いロックファンのアンテナを刺激している。

【今年ブレイクしそうなアーティストランキング(レコチョク調べ)】
1位:miwa
2位:ナオト・インティライミ
3位:Galileo Galilei
4位:Honey L Days
5位:北乃きい
6位:SKE48
7位:moumoon
8位:ICONIQ
9位:世界の終わり
10位:WEAVER

※ レコチョク 音楽情報(iモード/EZweb/Y!ケータイ)にて、7月6日(火)~20日(火)の14日間に投票を実施。有効回答数2412票

◆レコチョク
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報