ショパン・メロディの華麗なる競演『ショパン・メロディーズ』リリース

ツイート
ご存知のように、2010年はショパン生誕200年のアニバーサリー・イヤーであり、様々なショパン関連作品がクラシック・コーナーを埋め尽くしている。

多くがピアノ作品である中、『ショパン・メロディーズ』という目新しいショパン関連コンピレーションが7月28日にリリースされる。ショパンに魅了されたジャンルを超えた世界一流アーティストたちが集結している作品集だ。

サラ・ブライトマン、リベラ、千住真理子、新倉瞳、ロン・カーターなど、クロスオーヴァー、弦楽器や管楽器、そしてジャズにいたるまで、多岐にわたるジャンルから超一流アーティストたちが、ショパンの名曲を奏でていく。ピアノの演奏を通して聴くのとはまた違ったショパンの魅力に気付かされる、新しいコンピレーションだ。

ラインナップは下記の通り。色彩豊かな作品は、ショパン・マニアをも虜にする魅力に溢れたものだ。

『ショパン・メロディーズ』
2010年7月28日発売
TOCE-56323 2,300円(税込)
1.夜の踊り / サラ・ブライトマン
2.ノクターン 第2番 / 新倉瞳(チェロ)
3.アクルザム / アディエマス
4.小犬のワルツ / カーメン・ドラゴン指揮 ハリウッド・ボウル交響楽団
5.ソー・ディープ・イズ・ザ・ナイト / レスリー・ギャレット(ソプラノ)
6.ノクターン 第20番 / 千住真理子(ヴァイオリン) 藤井一興(ピアノ)
7.生命の泉 / リベラ
8.プレリュード ホ短調 / ジュリアン・ロイド・ウェッバー(チェロ) ジョン・レネハン(ピアノ)
9.ワルツ 第7番 / カーメン・ドラゴン指揮 ハリウッド・ボウル交響楽団
10.プレリュード・イン・E・マイナー / ロン・カーター(ジャズ・ベース)
11.プレリュード ロ短調 / ベルリン・フィル12人のチェリストたち
12.エチュード 第6番 作品10-6 / トゥルルス・モルク(チェロ)
13.トリステッセ / フランク・プゥルセル・グランド・オーケストラ
14.エチュード 第7番 作品25-7 / トゥルルス・モルク(チェロ)
15.英雄ポロネーズ / カーメン・ドラゴン指揮 ハリウッド・ボウル交響楽団
16.ノクターン 第20番 / 長澤真澄(ハープ)

◆ショパン生誕200年特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報