ピアノ名曲集『ピアノ・レッスン』、聴くもよし、弾くもよし

ツイート
リーマンショックで米経済がひっくり返ってしまった時、多くの米国人は、休暇時に出かけることを控えたという。出かければそれだけ何かと出費する。倹約を考えれば、外出などせず自宅で楽しいことを考えればいいじゃないか、ということだ。

そんな影響もあってか、その年の楽器の売り上げは前年度を久しぶりに上回ったのだそうだ。そう、ギターを弾いたりピアノを弾いたり、あるいはバンドを組んで楽しんだり…、みんな音楽を楽しむことで、苦しいお財布事情のながらも、充実した余暇を過ごしたというわけだ。生活を楽しむことの米国人の才能は全く持って素晴らしい。

さて、7月28日、ピアノ名曲集CD『ピアノ・レッスン』が発売となった。その名の通り「エリーゼのために」「乙女の祈り」「アマリリス」、ショパンの「ノクターン」にブルグミュラー「令嬢の乗馬」、どれも懐かしいピアノのレッスンでもおなじみの名曲ばかりを、名ピアノ教師・ハンス・カン先生の演奏でお届けするという3枚組のピアノ・ベストだ。しかも3,000円という破格の価格での登場だ。

ハンス・カンは1927年ウィーン生まれ。ウィーン国立アカデミーで学び、ジュネーブ国際コンクールやミュンヘン国際コンクールなど数多くのコンクールに入賞しフルトヴェングラー、カラヤンとも共演。日本で、戦後はじめて外国人ピアノ教師として東京芸術大学が招聘した名教師である。

まさかハンス・カンのような演奏…とまでは高望みしないまでも、生活の潤いは、素敵な旋律を自らの手で奏でるようなところにあったりするのではないか。聴くもよし、弾くもよし。たった3000円の『ピアノ・レッスン』で、かけがえのない生活の潤いがスタートするかも。というか、これ聴いたらピアノ弾けるようになりたくなるっす。

『ピアノ・レッスン』
7月28日発売
TOCE-56324 3枚組¥3,000(税込)

『ピアノ・レッスン50』
※配信限定商品
900円(小売希望価格)
※iTunesストア他 各配信サイトにて絶賛配信中
◆iTunes Store Piano Lesson 50 - Hans Kann(※iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報