2010年上半期USENリクエストチャート、1位はSA.RI.NA

ツイート
7月14日に発表された「2010上半期 USENランキング」は、上半期に日本全国の街に流れ流行したヒット曲のランキングであるとともに、下半期のヒットも占うランキングでもある。J-POP総合ランキング/J-POPリクエストランキング/洋楽総合ランキング/演歌リクエストランキングの4種が発表されているが、主要チャンネルのオンエア実績となる総合ランキング1位に君臨したのはJUJUの「桜雨」であった。テレビや街中の至る所で耳にした方も多いことだろう。

◆SA.RI.NA画像

一方で、ユーザーからのリクエストの声が直接反映されるJ-POPリクエストランキング第1位は、誰だったとお思いであろうか。西野カナ?嵐?いやいや東方神起か?貫禄のEXILE?

実際1位に輝いたのは、2010年にデビューしたばかりの新人、SA.RI.NA(サリナ)の「シングルマザー」であった。未だ著名なシンガーではないが、一度聞いたら忘れられないタイトル、オリジナリティのある歌詞が記憶に残っているリスナーも多いのではないか。

SA.RI.NAは、2009年夏インディーズシーンで異例の実績を叩き出した1stインディーズアルバム『絆 -キズナ-』が話題を呼び、2010年4月14日に「シングルマザー」も収録されたメジャーデビューアルバム『愛・絆』をリリースしたばかりのママレゲエシンガーだ。

「シングルマザー」は、2010/4/14付週間リクエストランキングで獲得していた第2位が自身の最高位であったが、実は2010年2月から長期間トップ30にランクインしていたロングヒット曲だ。楽曲の良さが話題を呼び、じわじわと知名度を上げ共感の輪を広げ、気付けば本ランキングにおいて第1位となるまでの浸透が進んでいたということだ。

子育てをしながら歌手活動をするそのスタイルも、多くの母親たちから共感を呼んでおり、楽曲のみいならず、SA.RI.NAそのものが支持をされ始めている状況といえるのかもしれない。少しずつだが着実に、オーディエンスの共感を得て暖かい支持と応援に感謝と感動を覚えながら活動を続けるSA.RI.NA、彼女を支えたリクエストの熱さと重さこそが、注目されるべき真実だ。もう、手垢にまみれ作られたランキングなど、価値はないのだ。

◆SA.RI.NAオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報