愛内里菜、10年間のアーティスト活動に終止符

twitterツイート

2010年3月23日にデビュー10周年を迎えた愛内里菜が、全てのアーティスト活動から引退することをファンクラブ限定ライブで発表、どよめきが起こった。

◆愛内里菜ライブ画像

2010年4月からは、3ヶ月連続でデジタルダウンロードシングルをリリースし、7月28日には、2010年3月に開催された10周年記念のLIVE DVD「THANX 10th ANNIVERSARY LIVE -MAGIC OF THE LOVE-」と32枚目のシングル作品であり、事実上ラストシングルとなる「HANABI」を同時リリースしたばかり。

精力的に順風満帆なアーティスト活動を進めていた中での、この突然の引退発表にファンの間でも動揺が隠せない状況だ。

愛内本人から引退が発表されたのは、7月30日(金)大阪なんばhatchで行なわれたファンクラブ会員限定LIVEのステージ上から。終盤を迎えたその時、「最後の曲を歌う前に聞いて欲しいことがあります。2010年いっぱいで愛内里菜はアーティスト活動を引退することを決めました。」と涙ながらに語った。

今後の活動に関しては、オフィシャルホームページ上での本人メッセージにより、「全てのア-ティスト活動を終了し、新たなステージへ向かう為に自分自身を見つめ直す時間を作りたい」としかわかっていない。また、引退決意に至ったとされている最後のオリジナルアルバムとなる『LAST SCENE』を9月15日にリリースすることと、最後のLIVEを埼玉・大宮ソニックシティと兵庫・尼崎アルカイックホールで開催するこが発表された。

   ◆   ◆   ◆

愛内里菜より皆様へ

私、愛内里菜は2010年末をもちまして、すべてのアーティスト活動から引退することを決断しました。これまで応援していただいた、ファンの皆様、関係者の皆様には心から感謝しています。

3月から音楽活動11年目が始まり、新たな気持ちでレコーディングをスタートさせてからたくさんの楽曲ができあがりました。

これまでの経験をすべて振り絞ってできた作品が仕上がったと満足しています。

そして今は新たなステージへ向かうために、自分自身と向き合う時間を作るのが必要だという結論に至り、前向きな思いでアーティスト活動から引退することを決めました。

皆様には私のこの決断をどうかご理解いただければと思います。今まで応援していただいた皆様には重ねてお礼申し上げます。

愛内里菜

   ◆   ◆   ◆

大阪でレコーディングからジャケット撮影等すべての制作活動ができるという点を重視し、GIZA studioを選び、デビューした愛内里菜は、天真爛漫な姿とかわいらしい声とその歌声で多くのファンを獲得。そのキュートな関西弁も彼女の個性的なキャラクターの一面であった。デビューからすべての曲の作詞を手掛け、衣装、CDジャケット、PVのコンセプトなど、ビジュアル面でのこだわりと才能も発揮、ますますの活躍を期待されているところだっただけに、引退の二文字は衝撃の発表であった。

◆愛内里菜オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報