つばき、ついにお客さん待望の1枚?…だと嬉しい(笑)

ツイート

マンスリーでの2マンライブの企画を始め、精力的なライヴ活動、音源制作やライヴ会場限定での作品リリース等、結成10年を経て、近年ますますアクティブな動きを見せているつばき。そんな彼らがフルアルバム『夜更けの太陽』を完成させた。ここまでの活動で自らの血肉となったものを、あえて虚飾も思惑も交えず収めた今作は、負をも咀嚼し、それらを乗り越えたが故に得た力強い思いや信念、再発見を、歌やメロディ、サウンドに配し高らかに鳴らされたもの。彼らの核が前面に表れ、より強固に、より伝わりやすいものとなっている。早速、ソングライティングを担当するギター&ボーカルの一色徳保に色々と話を聞いてみた。

◆つばき画像

──まずは結成10周年おめでとうございます。

一色徳保:ありがとうございます。だけど、基本は何にも変わってないですよ(笑)。まっ、以前よりは歳はとったけど(笑)。段々と自分の今後も考えるようになったし。

──それは例えば?

一色:自分とバンドの在りかたはもちろん、音楽を中心にしながらも、つばきというバンドを始め、そこから派生して何か色々と面白いことをやっていきたいんです。

──ちなみに10年前は今の自分の姿って想像出来てました?

一色:いやー、出来てなかったですね。当時は“自分の好きなことがやれていたらいいな”ぐらいでしたから(笑)。そういった意味では、ある程度実現出来てるか(笑)。ここにきてようやく、このバンドならではのアイデンティティが見つかってきた気はしますね。

──2010年はその10周年の一環として、今まであまり対バンする機会のなかったバンドたちと2マン・ライヴを月1で行なってますよね。

一色:そうなんです。どれもこちらから出演をお願いしたバンドばかりで。ジャンル問わず、自分の好きなバンドと共演するのは面白いですよ。今まで接点が無かったり、畑が違っても、同じ歌が中心のバンドばかりなので、お客さんも一緒に楽しんでくれているし。このイベントに限らず、“何かを自分たちでやったり、発信するのは楽しい!”と今さらながら実感しています。

──では、今はまさに音楽と共に生きている!って実感している感じ?

一色:まさに。やりがいと同時にプレッシャーもありますけどね。この10年で周りの環境も徐々に変わっていったけど、常に応援し続けてくれる人が周りにいて、対バンしてくれるバンドがいて、今回こうやってCDも出せる。音楽を演る者として、“それが何よりだなぁ…”と事ある度に思います。

──今の言葉って、まんま今回のニューアルバムに表れてますよ。“俺にはこれしかない!”という確固たるものや、“どうなんだろう?”と一時的に迷ったり、ファンに対して、“あなたが居てくれたから演ってこれた”との感謝等が所々に散りばめられていて。

一色:今までは感情を無理矢理吐き出したり、難しい気持ちを書こうとしたり、ちょっと背伸びするところもあったけど、今は逆に“素直に書ければいい”と思ってやりましたから。過去にはわざと難しいことや今までと違ったことをやろうと意識したり、更なる高みやネクストステージを目指してましたからね。

──特にメジャーの時期はその辺りが顕著でしたもんね。

一色:正直、前作まではその辺りの、“変わろう!変わろう!”って意識はありました(苦笑)。だけど、今作に於いては、あえて難しい形じゃなく、本来の自分たちらしさで伝えれた感はありますね。言葉や曲、アレンジも、あんまりこねくり回さなかったし。自分たちの中にあるものだけを出そう、まさにそれだけでした。そこをより磨き、輝かせたのが今作なんです。

──では、今作は自分の中から滲み出たものや溢れ出たものの結晶であると。

一色:カッコよく言えば(笑)。借りものじゃなく、自分たちの中に脈々とあるものを出したって作品かな。

──個人的には、あえて今回本来の姿で勝負に来たなって印象がありました。

一色:いや、逆に今回はそれすらも考えなかったですよ(笑)。まさに作っているうちに出来たのが、この作品って感じ。今回は色々と洋服を着替えるところで勝負したくなかったし、本来の自分たちのみで良い作品が作れれば良いなって。加え、聴く人がいいな…と思ってくれれば、それが全てでもあるし。

──今までつばきを聴いてきたお客さんは、こんな作品を待っていたんじゃないですか?

一色:ついにお客さん待望の1枚が出せましたか(笑)。だと嬉しいな。事務所を辞めたり、それでもバンドを続けると決めて、色々な状況の中での曲作りやレコーディングでしたからね。歌も色々な時の色々な感情が詰まってるし。そういった意味ではバンドを始めた頃に戻った感じかな。D.I.Yでやる、それが作品に表れているのは面白いですね。

──各曲の題材もさまざまで。夢や希望もあれば、挫折や絶望、再生や蘇生もあったり。いわゆる明るい曲でもただ明るさを出すのではなく、闇を乗り越えたからこそのまばゆさが感じられたり。今回のアルバムは非常に底力を見せつけられました。

一色:これも10年を経たからですよ。普通なら減速する環境だろうに、ここにきてまだ加速してますから(笑)。だけど、その底力があったからこそ、今の時期、逆に不安になったり、他のものを取り入れずに済んだんじゃないかな。ありがたいことに今でもお客さんもライヴに来てくれるし、僕らのことや出す曲を信じてくれるし。ある意味、お客さんの力もデカいんです。だからこそ曲を作り続けられたんだろうし。その辺りも今回は明確に何曲かでリリックに表わしていて。あなたや君で表わしてはいるけど、それはライヴに来てくれるお客さんに向けての場合も多いんです。

──あとは、最終的には内省的に収まらず、どの曲も外に向けて放たれているところがいい。

一色:ダメならダメで終わるんじゃなく、歌詞ももう少し踏み込んでますからね。前を向いて歩いていけば、良いこととも沢山出会えることに気づいたんで、その辺りも明確に表わしてみたし。あと、別れがテーマの曲にしても、従来はそれが死別を表わしていたのに対し、今回の「震える手、光射す部屋」や「バス停前」に関しては、ガチに失恋をテーマに書きましたからね(笑)。そういった意味では今回はさらにパーソナルでネイキッドな曲が多いかも。それこそ自分の部屋で色々と思い返している中で生まれた歌って感じかな。自分たちの良いところを磨いていき、曲を作り、出して行くことがやっぱり一番いいことに改めて気づきましたからね。いわゆる色々なものをひけらかすのではなく、どれだけ自分の中にある確固たる部分をより強く、より眩しく輝かせ、より大きく見せるか。昔から思っていた、“唯一無二のバンドになりたい”。それが最近特に強くなってきているんです。

──確かに今作の中心には、つばきのコアな部分がキチンとありますもんね。反面、新しい試みも幾つか見受けられますが。

一色:前作ぐらいからMacを導入し、プリプロも自分たちで出来る環境にしたんです。バンド感と構築感の両極をよりメリハリづけたり融合させたり出来るようになったのは、その辺りが大きいかも。歌詞はより自分に対してネイキッドや素直な曲が多いし、それこそ部屋で色々なことを改めて思い返しながら、描写している感じだし。だから、今回はけっこう丸まんま、俺ってこんな男って作品になりました。この世に一つしかないバンドなので、それがより輝き出せばよいかなと。自分たちでやるのは正直大変だけど、その分、色々と自由に出来ますから。もっともっとその辺りを謳歌するような、そんな活動を今後も続けていきたいですね。

取材・文 池田スカオ和宏

『夜更けの太陽』
2010年8月4日発売
UKCD-1130 ¥2,625(Tax in)
1.太陽
2.声の行方
3.いたい
4.震える手、光射す部屋
5.バス停前
6.秘密
7.雨に涙目
8.夜更けの旋律
9.夜が明けるまで
10.僕だけの季節

<つばきライブスケジュール>
2010.08.05(thu) 大分T.O.P.S
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」 ~夏のツアー編~
w)No Regret Life/ircle

2010.08.06(fri) 小倉FUSE
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」~夏のツアー編~
w)No Regret Life/ircle/Herish/Memories art Hill

2010.08.08(sun) 広島ナミキジャンクション
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」 ~夏のツアー編~
w)LOST IN TIME/No Regret Life/ircle

2010.08.10(tue) 松山サロンキティ
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.8 ~夏のツアー編~
w)LOST IN TIME/No Regret Life/ircle

2010.08.21(sat) 代官山UNIT
e-sound speaker presents OTOTOIRO拾
w)e-sound speaker

2010.09.6(mon) HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
RADIO BERRY ベリテンライブ2010 #4
w)Dirty Old Men/and more!!

2010.09.10(fri) 新宿LOFT
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.9 ~VS編~
w)藍坊主

2010.09.10(fri) 新宿LOFT
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」~誕生日編~ with friends
w)ghostnote/and more!!

2010.09.23(thu) 大阪福島LIVE SQUARE 2nd LINE
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
ワンマンライブ!!

2010.09.26(sun) 福岡DRUM SON
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
w)1バンド、ゲストあり。

2010.10.02(sat) 名古屋 ell.SIZE
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
ワンマンライブ!!

2010.10.10(sun) 仙台PARK SQUARE
つばき 10th Anniversary 「正夢になった夜」vol.10 ~夜更けの太陽編~
w)e-sound speaker

2010.10.23(sat) 広島ナミキジャンクション
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
w)1バンド、ゲストあり。

2010.10.24(sun) 松山SALON KITTY
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
w)1バンド、ゲストあり。

2010.10.30(sat) 代官山UNIT
つばき 2010レコ発ツアー「夜更けの太陽」~響き合うココロの旋律~
ワンマンライブ!!
この記事をツイート

この記事の関連情報