【D.W.ニコルズ・健太の『だからオリ盤が好き!』】 第9回 -レコ屋を巡る / 『sweet baby james』ファーストプレス!-

ツイート
しかしながら、『SWEET BABY JAMES』のオリジナル盤に限っては、レコードレーベルは同じ鴬ワーナーでも、ジャケットのちょっとした違いにより、ファーストプレスと呼ばれる最初期プレスとその後にプレスされたセカンドプレスとが存在するのです。このアルバムからシングルカットされた「FIRE AND RAIN」が大ヒットしたために、発売後間もなく、ジャケット右上のアルバムタイトルの下に

--------------------------
Contains
FIRE AND RAIN
and
COUNTRY ROAD
--------------------------

(「FIRE AND RAIN」と「COUNTRY ROAD」が収録、の意)


という曲名表記が付け加えられたのです。よって、同じ鴬ワーナーでも、この曲名表記がないものが最初期のファーストプレス、曲名表記があるものがセカンドプレスとされ、曲名表記なしのファーストプレスはちょっとしたレア盤で、なかなかいい値がつけられているのです。

僕は『MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZONE』、『ONE MAN DOG』、『GORILLA』、そして1st『JAMES TAYLOR』のオリジナル盤はだいぶ前に手に入れていましたが、この『SWEET BABY JAMES』とはずっといい出会いができずにいました。ファーストプレスはちょっと高いので、セカンドプレスを買うつもりで探していたのですが、それはそれでなかなか値段・状態ともに納得のいくものに出会えなかったのです。

ところが大阪にライヴで行ったとき、ほんの20分くらいの空き時間に入ったレコード屋で、一瞬で掘り当ててしまいました。ファーストプレスが、セカンドプレスくらいの価格で埋もれていたのです。

最初はただ単に「あ、『SWEET BABY JAMES』見っけ。」というだけの感じ。オリジナル云々の表記のない店だったので、「ジャケの質感とか、何となくオリジナルっぽいなあ、よし検盤検盤。」と思って検盤すると、出てきたのは鴬ワーナー。盤質も◎。「値段も手頃だし、これでやっと『SWEET BABY JAMES』が手に入るなあ、こんな短時間でラッキー!」と思ったところで、それがファーストプレスであることに気付いたのです。ファーストプレスはもともと出回っている枚数自体が少なく、東京でもあまり見かけるものではありません。なので最初からその存在をすっかり忘れて、ジャケットの右上部分は全く気にしていなかったのです。でも、気付いてからはもう「店員さんも気付いて値段上げられたりしたらどうしよう…サクッと買って帰らねば」と、ビクビク。もちろんですが、結局その安値で手に入れることができました。お店の人、知らなかったのでしょうか。『SWEET BABY JAMES』に曲名表記のありなしがあるのは有名なはずなんだけどなあ。それか忘れていたのかもしれませんね。僕も忘れていたのですから…。

足を運び、目で探し、お宝を掘り当てたときの興奮は何にも換え難いもの。こういうことがあるからレコード屋巡りは楽しいのです。

オリ盤探求の旅はまだまだ続くのであります。


text by:鈴木健太(D.W.ニコルズ)

◆連載『だからオリ盤が好き!』は、D.W.ニコルズのアーティストページに順次掲載されます

--------------------------------
「イイ曲しか作らない」をモットーに、きちんと届く歌を奏で様々な「愛」が溢れる名曲を日々作成中のD.W.ニコルズ。
2005年9月に、わたなべだいすけ(Vo&Ag)、千葉真奈美(Ba&Cho)が中心となり結成。
その後、鈴木健太(Eg&Cho)、岡田梨沙(Drs&Cho)が加わり、2007年3月より現在の4人編成に。
一瞬聞き返してしまいそうな…聞いた事がある様な…バンド名は、「自然を愛する」という理由から、D.W. =だいすけわたなべが命名。(※C.W.ニコル氏公認)

待望のメジャー1st フルアルバム
2010年4月7日発売
『ONELBUM』(ワンルバム)
初回盤(DVD付)
AVCH-78012/B/3,000円(tax in)
通常盤
AVCH-78013/2,500円(tax in)

【CD】
01.B.D.K.
02.春風
03.ファミレス
04.SMOKE
05.グリンピースヌーピー
06.熱帯夜
07.太陽
08.サマーレイン
09.波待ちサーファー
10.マイライフストーリー
11.haleiwa
【DVD(初回盤のみ)】
01.マイライフストーリー
02.春風
03.B.D.K.

◆D.W.ニコルズ オフィシャルウェブサイト
◆D.W.ニコルズ MySpace
この記事をツイート

この記事の関連情報