つんく♂プロデュース、ベッドの中やミュージカル形式で女同士が戦うイベント

ツイート

つんく♂がプロデュースするイベント<真剣 女の陣 ザ☆キラー♡コンテンツ!>が8月6日、新宿FACEで開催された。

◆<真剣 女の陣 ザ☆キラー♡コンテンツ!>第1試合~第6試合の画像

これは、本音とプライドと見栄と欲をかけた、女同士のガチンコエンターテインメントバトルショー。闘いを通して、新しい女流スターを誕生させようと企画された。出演者は、井上貴子(LLPW)、堀田祐美子(フリー)、植松寿絵(フリー)といった女子プロレスの選手はもちろん、アイドルからレースクィーン、メイドさんなど多彩。それぞれが、スターになりたい、成り上がりたいという気持ちを胸に、死闘を繰り広げた。

プロレスのリングが設営された会場には、この新たなエンターテインメントを目撃しようと約300人の観客が来場。見届人として神取忍も姿を見せるなど、格闘技ファンの期待が存分に煽られたところで、第1試合の井上貴子 VS 渚(コスプレアイドル)&森崎愛(戦うアイドル)の恐怖のチャレンジバトルからイベントはスタートした。


レースクィーンの木村亜梨沙と、グラビアアイドル・佐々木心音の一戦は、リングにエアベッドが持ち込まれ、ネグリジェ姿の両名によるゴロゴロベッドバトル。さらに秋葉原のメイドカフェ・ぴなふぉあ選抜 VS 池袋の魔法カフェ・アフィリア・サーガ・イースト選抜では、観客も巻き込んだ最強カフェバトル(借り物競争バトル)、NICE GIRL プロジェクト!から、秋山ゆりか(THE ポッシボー)、後藤夕貴(THE ポッシボー)、ゆい姉ぇとキュアドール(神坂美羽、深山咲輝、三島ゆかり)のバトルは、ミュージカルデスマッチと題して、モーニング娘。の楽曲に合わせて闘うといった、前代未聞のガチンコエンターテインメントバトルが展開。堀田祐美子&植松寿絵 VS 賀川照子&プリマ・リエ(西口プロレス)では、場外乱闘も勃発し、手に汗握る興奮と笑いで観客は一瞬たりとも見逃せない戦いとなった。また勝者には、リング上での撮影タイム(観客にケータイで写真を撮ってもらえる)や歌の歌唱などのチャンスが与えられていた。

そして迎えたメインイベント(第6試合)は、スターになりたい出演者全員を呼び込んで、総合優勝者を決めるキラーヒップバトル(イス取りゲーム)。アイドル雑誌へのグラビア掲載といった豪華副賞が用意された総合優勝決定戦だけに、女の欲望と本音が、この日一番で最も熱く激しくぶつかりあった。なお、第1回総合優勝はNICE GIRL プロジェクト!のゆい姉ぇが見事勝ち取った。

「4月くらいから打ち合わせはしていたものの、実際に開催しようと会場を押さえたのは6月。急遽開催でしたが、多くの方が来てくれて、非常に盛り上がったし、本当に女の闘いが見れて、明日へのスターが見つかる第一歩となるいいスタートが切れました。これからも応援よろしくお願いします。」── つんく♂


◆<真剣 女の陣 ザ☆キラー♡コンテンツ!>オフィシャルブログ
この記事をツイート

この記事の関連情報