エミネム、観る者を引き込む衝撃のPV作品

twitterツイート
全米で5週1位を獲得したエミネムのアルバム『リカヴァリー』は、今までに11カ国以上で1位を獲得し、発売2ヶ月以内に300万枚以上の世界セールスを記録しているモンスター・アルバムだ。そんな作品からの2ndシングル「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ feat.リアーナ」も、全米シングルチャートで3週連続1位をマークしており、もはや誰の追従をも許さぬ絶好調ぶりだ。

◆「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ feat.リアーナ」PV映像&エミネム画像

なにしろ「ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ feat.リアーナ」は、そのPVがすごい。今最もセクシーな女優と言われるミーガン・フォックス(映画『トランスフォーマー』など)と映画/TVに引っ張りだこの人気俳優ドミニク・モナハン(映画『ロード・オブ・ザ・リング』、ドラマ「LOST」など)を起用し、激し過ぎるDV恋愛シーンを熱演している。そこでみせる2人の絡みは演技とは思えぬほどのリアリティーさだ。そもそも作品自体、エミネムと元妻キムとの関係を元にしているというだけでも十分すぎるインパクトであり、DV(ドメスティックバイオレンス)をテーマにしたこの作品にリアーナを起用する大胆さこそが、さすがのエミネムといったところでもある。

ちなみにミーガン・フォックスは、このPVでの出演料をDVから保護された女性や子供たちのための施設に全額寄付するのだという。その精神性と本気度が、あのリアリティーと鬼気迫る説得力を生み出しているのだろう。全てにおいて注がれているエネルギーが桁違いだ。なお、監督は今までにエミネムはもちろん、レディー・ガガ、U2、マライア・キャリーなどの大物アーティストのPVを手がけてきたジョセフ・カーンだ。

「監督のジョセフとは綿密に話し合ってこのビデオを作ったんだ。(DVという)非常に難しいテーマを視覚的に成立させることはとてもチャレンジングだった。リアーナ、ミーガン、ドミニクが参加してくれたことはとても良かった。おかげでとてもパワフルなビデオになったよ」──エミネム

このPVはウェブに公開されてまだ1週間に満たないにもかかわらず、すでにYouTubeにて1800万回以上もの再生を記録している。


『リカヴァリー』
UICS-1214 \2,200(税込)

◆エミネム・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報