KOKIAが9月15日に初の洋楽カヴァーアルバム『Musique a la Carte』をリリースする。

◆KOKIA『Musique a la Carte』ジャケット画像、収録曲一覧

この作品は、2002年にリリースしたシングル「人間ってそんなものね」のカップリングに収録されていた「Moonlight Shadow」(マイク・オールドフィールド)をはじめ、2009年の配信限定シングル3部作のカップリングとして発表された「What A Wonderful World」(ルイ・アームストロング)、「Smile」(チャールズ・チャップリン / 映画『モダンタイムス』主題歌)、「The Long And Winding Road」(ザ・ビートルズ)、そして新たに、アイルランドでレコーディングされた「Love Me Tender」(エルヴィス・プレスリー)、「虹の彼方に」(映画『オズの魔法使い』主題歌)、「スカボローフェア~詠唱~」(サイモン&ガーファンクル)、国内レコーディングによる「明日に架ける橋」(サイモン&ガーファンクル)、「Bye Bye Blackbird」(スタンダード)などを収録。

その上、日本盤のみのボーナストラックとして、映画『ホテルビーナス』(2004年公開)の挿入歌としてレコーディングされた、イーグルスの名曲「Desperado」も追加収録されることになった。

また、カヴァーアルバム発売を記念し、9月23日に東京六本木STB139にて、1日限りのスペシャルライヴの開催も決定した。誰もが一度は聴いたことのある名曲をKOKIAが歌うスペシャルなライヴでは、一緒にアイルランドでレコーディングしたSean Whelanをアイルランドよりはるばる招いて、ステージ上で共演をはたすという。

さらに『Musique a la Carte』のAmazon.co.jp限定仕様のリリースも決定。こちらには、オフィシャルサイトの通販ならびにコンサート会場限定で販売されていたコンサートDVD 『OTO NO TABI BITO』より、選りすぐりのハイライトを収録したDVDが付属する。

◆KOKIAオフィシャルサイト