リンジー・ローハン、面会を許されるのは家族だけ

ツイート
リンジー・ローハンは、リハビリ中に親族以外の人間と面会することを禁止された。

リンジーは、2007年の飲酒運転による執行猶予規定を破ったことに対する刑罰の90日中、たった13日間のみの服役で釈放された後、米ロサンゼルにあるUCLA医療センターでリハビリ中だが、ゴシップサイトTMZによると、リハビリ開始の30日間は、血縁関係のある親戚以外に会うことを禁止されているという。

母親のディナと妹のアリは既に何度もリンジーを訪れているようだが、ローハン一家以外の誰かが彼女との面会を希望する場合、事前にリンジーから承認される必要がある。

一方、リンジーのアシスタントであるエリノアは、リンジーのリハビリ中、ディナとアリの要求に答えるため「疲れきっている」と報じられている。ある関係者は、ディナが金儲けのビジネスの一環として、リンジーの洋服や所有物を売ろうと提案していたと明かした。更にアリは一日中エリノアを走り回らせているようで、エリノアを「みじめでひどく疲れさせている」そうだ。

BANG Media International
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス