ヒラリー・ダフ、14日または15日に挙式?

ツイート
2月のハワイ旅行後、アイスホッケー選手のマイク・コムリーとの婚約を発表したヒラリー・ダフは、米カリフォルニア州、サンタバーバラにあるサン・イシドロ・ランチにて、14日または15日に挙式を計画していると噂されている。

2人がこの地を選んだのは、「昔のハリウッドの華やかさとロマンチックさのある」場所だからとの理由で、元米大統領ジョン・F・ケネディが妻のジャッキーとハネムーンを過ごしたことでも知られる場所である。関係者によるとイン・タッチ・ウィークリー誌にて「挙式についての詳細は公開されません」とコメントを加えている。

グウェン・ステファニーや、ジェシカ・シンプソン、アダム・サンドラーといったセレブのウェディング・プランナーとして有名なミンディー・ヴァイスによると、2人は「静かな式」を計画しているというが、そもそも今回の挙式日についての憶測が広まったのは、100万ドル(約8千6百万円)の婚約指輪を送ったマイクが、10日の晩に、ロサンゼルス内にあるクラブ、トロウスデールで独身最後のパーティーを繰り広げている所を目撃されたことに端を発している。その場にいたひとりはニューヨーク・ポスト紙に対し、「彼は7人の友達とVIPエリアでウォッカを飲んでいました。とても楽しそうに行儀良くしていましたよ」と話していたとか。

ヒラリーは、週6日のエクササイズと、マイクとのダンスレッスンをして、挙式に備えているという。ヒラリーは以前に、彼女の小柄な体型がウェディングドレスに「圧倒されてしまう」のではないかと心配していると話していた。「女の子らしくて大きめなドレスにしたいんだけど、小柄な私が圧倒され過ぎないものじゃないとね。そうじゃないと皆が『うわ、カップケーキだ』って思っちゃうでしょ」──ヒラリー・ダフ

BANG Media International
この記事をツイート

この記事の関連情報