<ROCK IN JAPAN FES.2010>の熱い3日間を4日連続・合計12時間の大ボリュームで放送

ツイート

夏休み真っ最中の8月6日(金)・7日(土)・8日(日)の3日間に渡って、茨城県・国営ひたち海浜公園で開催された<ROCK IN JAPAN FES.2010>。今回で11回目を迎えるこのフェスは、日本を代表する合計141組のアーティスト(DJブースを除く)が出演する国内最大級の夏のロック・フェスティバルだ。この熱かった3日間の模様が、8月22日(日)から4日間連続、合計12時間の大ボリュームでWOWOWで放送される。

初日のGRASS STAGEには、くるり、KREVA 、the HIATUS 、Perfume 、BEAT CRUSADERS、MONGOL800らが登場。LAKE STAGE ではサカナクション、The Birthday、SEAMO、PUFFYらが観客を盛り上げた。

2日目は、トップ・バッターの氣志團がGRASS STAGEを沸かせ、エレファントカシマシ、吉川晃司、スピッツ、ユニコーンといったベテラン勢もGRASS STAGEに登場。LAKE STAGEではORANGE RANGE、サンボマスター、SHAKALABBITS、椿屋四重奏、NICO Touches the Wallsらが観客を熱狂させた。

3日目は泉谷しげる、奥田民生、グループ魂、斉藤和義、スガ シカオ、トータス松本らがそれぞれのスタイルで“ロック”を表現した他、ケツメイシ、チャットモンチー、Dragon Ash、POLYSICSら多くのアーティストがステージを通じてフェスの楽しみ方を教えてくれた。そして、5年振りに登場したYUKIが幻想的なステージで観客を魅了し、ROCK IN JAPAN FES.2010を締めくくった。

WOWOWで、この熱かった3日間の模様を8月22日(日)から4日間連続、合計12時間の大ボリュームで放送する。22日(日)はダイジェストスペシャルを、23日(月)~25日(水)は1日目から3日目までの模様を1日ずつ放送。さらに9月15日(水)からの毎週水・木曜日の深夜帯に『ROCK IN JAPAN FES.2010 アーティスト特集』の放送が決定(<ROCK IN JAPAN FES.2010>でのパフォーマンスをアーティストごとにまとめたのがこの番組。放送アーティストラインナップは随時発表されるので、WOWOWのROCK IN JAPAN FES.2010 スペシャルサイト(http://www.wowow.co.jp/rij)をご確認いただきたい)。

さらに、4日間に渡って放送されるこの番組内で1日1つずつ、4夜連続で発表されるキーワードを集めて応募すると、ROCK IN JAPAN FES.2010の出演アーティスト直筆サイン入りTシャツが当たる。応募の詳細は、WOWOWのROCK IN JAPAN FES.2010 スペシャルサイトでチェックしてほしい。

2010年の<ROCK IN JAPAN FES.2010>も見どころ満載。アーティストたちの熱いステージ・パフォーマンスをWOWOWの放送で観て、暑い夏を楽しもう。

『ROCK IN JAPAN FES.2010』ダイジェストスペシャル 8月22日(日)夜11:00~
DAY-1 8月23日(月)午後5:00~
DAY-2 8月24日(火)午後5:00~
DAY-3 8月25日(水)午後5:00~
WOWOWでハイビジョン放送

『ROCK IN JAPAN FES.2010 アーティスト特集』<ROCK IN JAPAN FES.2010>でのパフォーマンスをアーティストごとにまとめた特集番組。放送アーティストは随時発表。
9月15日(水)放送スタート
毎週水・木曜日 深夜帯にWOWOWでハイビジョン放送

◆ROCK IN JAPAN FES.2010 スペシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報